FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.09.17  2012. 8 Paris 二日目③ルーヴル美術館その2


モナリザまでの道のりは本で予習していたし、
案内も出ているので他には見向きもせず一直線。
お会い出来ましたー
ガラスケースの中にあの微笑みが・・・
まだそれほど人がいなかったのでロープが張ってある
最前列で鑑賞することが出来ました。
ガラスケース越し、ライトが写りこんでしまってますが
とにかく写真に収めます。
DSCN0363.jpg  
その後も次から次へと有名な絵画や彫刻が、目の前に。
ルーヴル美術館は写真撮影がOKなので、
何を観たのか忘れないように写真を
その一部・・・

「サモトラケのニケ」
DSCN0355.jpg 

後ろからも眺めてみます。
DSCN0403.jpg 

「ミロのヴィーナス」
DSCN0406.jpg 

後ろ姿、想像もしたことなかったなぁ。
DSCN0410.jpg 

「カナの婚礼」大きいDSCN0369.jpg

「民衆を導く自由の女神」
DSCN0477.jpg 

「レースを編む女」フェルメールのこの作品は思ったよりも小さかったです。
小さいけれど存在感がある、細やかなものでした。
DSCN0457.jpg 

「美しき女庭師」
DSCN0390.jpg  

朝一番は思ったほど混んでいなかったルーヴル美術館。
一時間もすると人がどんどん増え、ツアーの方が多いようで
団体で説明している姿を見かけました。
中国の方多かったみたい。
スポンサーサイト

No.684 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

ステキですねぇ~

ルーブル美術館って そんなの広いんだぁ!!
写真撮影OKというのも 驚きです!!
あたりまえだけど まわりで見ている方々が外国人で・・・
いかにも!!ですねぇ!!
って 感心するところが ずれているかしら(笑)
2012.09.18(17:20) / URL / ぽむなん / [ Edit ]

ぽむなんさん♪

ルーヴル美術館すごーく広かったです^^;
教科書で見たような有名な絵画や彫刻が
そこここにあるので感動しまくりでした。
他の美術館(オルセーやオランジュリー)は
撮影がダメだったのですがルーブルはOK♪
写真に撮っておかないと何見たのかも忘れちゃいそうな
自分が悲しい・・・

夏休みのせいか日本の方も多かったです。
団体さんの後ろに行ってそ~っと説明聞いたりして(笑)
2012.09.19(01:41) / URL / mamitti / [ Edit ]

RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。