FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.12.20  2012. 8 Paris 七日目⑤八日目 帰国まで・・・


チュイルリー公園はコンコルド広場からルーヴル美術館まで繋がっている
とっても広い公園。
DSCN1446.jpg
緑が多くてお散歩が気持ちいい
旅行中お天気に本当に恵まれました。
毎日快晴
日本と違い湿気がなくてカラッとしてる、とは言え
やっぱり暑いものは暑い。
日射しが強いんですよー
ペットボトルは手放せませんでした。
でもやっぱりお天気が良いと気持ちいいですよね。

DSCN1447.jpg
こんなところにもひっそりメリーゴーランド。

パリ最後のカフェ。
オペラ通り沿い、外のテーブルに座り道行く人を眺めながら
最後のひとときを楽しみました。
DSCN1451.jpg

長女はまたスィーツ、タルトタタン。
それにホットショコラなどという怖ろしい組み合わせ・・・
DSCN1456.jpg

ホテルに戻り、フロントでタクシーを呼んでもらい、空港に向かいました。
相当疲れていたようでこの先写真をほとんど撮っていませんでした。
空港では免税手続きを。
「パブロ」のマーク入りなので端末機でピッと読み取らせれば終了のはずだったのに
何故か何度やってもダメ。
ギャラリー・ラファイエットのカスタマーセンターでもダメかも、
と言われていたので仕方なくカウンターでの手続き。 

その後はまたまたユーロを使い切ろうと免税店で化粧品などでショッピング。
最後の最後まで楽しみました。

機内食だけは写真撮っていたみたいです。ぶれてますが(笑)
DSCN1469.jpg

空港内にあったダロワイヨで購入したマカロン。
次女へのお土産。
DSCN1472.jpg

パリ旅行から帰ってからすでに4ヶ月が経ってしまいました。
久しぶりの長女との二人旅。
とても貴重で素敵で楽しい時間でした。

大学生活で超多忙なムスメ(遊びで!!!)
「もうアナタタチとは旅行には行きません」と宣言されてしまいました(笑)
友達やサークルの旅行やそのためにアルバイトで
お金を貯めることが今の彼女には大切みたい。

でもそういう時期大事だと思うの。
親より友達だったり、彼氏だったり。
きっともっと先、結婚して子供でも出来たらまた戻ってきてくれるんじゃないかな。
それまで次女に遊んでもらうことにします。
次女にも遊んでもらえなくなったら・・・旦那?
「大人にならないでー」な気分。

パリの旅行記をこれで終わります。
ヨーロッパなんて今度はいつ行けるのかな。

No.723 / 2012. 8 Paris / Comment*4 // PageTop


2012.12.14  2012. 8 Paris 七日目④オペラ座界隈


旅行中観光が目一杯で自分の買い物はほとんどしていませんでした。
のんびりした午後オペラ座近くのギャラリー・ラファイエットを覗いてみることに。
結局・・・やっぱり・・・買ってしまいました。
たいしたものではないのですがパリに来た記念に。
長女まで。
バイト代で分割で払う、と言っておりますが
多分母のお財布から出ることでしょう
地下のカスタマー・サービスで免税書類を作っていただき、
二人でルンルン
ランチに向かいました。

決めていたお店があったのですがステーキ屋さんで遠いし、
それほど食欲もなく、近くのカフェで済ますことに。
カピュシーヌ大通り沿いにとてもにぎわっているカフェがあったので
入ってみました。
パリのカフェメニューと言ったらこれでしょーな
DSCN1433.jpg
クロックムッシュ。
赤いテントの下だったから赤っぽく写っちゃったのかな。

長女は・・・
DSCN1434.jpg
クレープ。
また甘いもの・・・

オランジェリー美術館に向かいます。

コンコルド広場を通って
DSCN1435.jpg

チュイルリー公園に。
DSCN1438.jpg
晴天の昼下がり公園内の噴水周りにはベンチに腰掛けて本を読んだり、
語り合ったり、ひなたぽっこをしたり、
そんなパリでのひとときを楽しんでいる人がたくさん。
のどかぁ。

だいぶ疲れて写真がひとつもありませんがオランジェリー美術館に。
モネの「睡蓮」は大広間の壁いっぱいに8点の作品が掲げられています。
広間の真ん中には大きなベンチがあり、そこに座ってゆっくりとした時間を堪能。
 他の美術館を違って人も少なく静かでのんびりと鑑賞出来ました。

短期間にこんなに美術品に触れることなんて一生のうちにもうなさそうだな・・・

No.722 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.12.11  2012. 8 Paris 七日目③オペラ・ガルニエ見学その2


バルコニーからの眺め。
オペラ通りが真っ直ぐに伸びています。
真っ赤なバスといい、建物といい、ヨーロッパらしい風景にうっとり。
DSCN1397.jpg
 

たくさんの絵が飾ってありました。
DSCN1402.jpg 


客席を覗いてみます。
次回は絶対ココでバレエ観たい!
DSCN1414.jpg 

有名なシャガールの天井画。
綺麗
DSCN1411.jpg 

オペラ座の怪人のファントムが「その席は常に私のために空けておかれたい」と指定した
5番ボックス。
残念ながら5番ボックス席の中に入ることはできませんが、
ドアの窓から中を覗くことはできます。
何の変哲もない普通のボックス席ですが。
DSCN1415.jpg 

衣装展示があったり・・・
DSCN1418.jpg 

こちらは特別展示だったのかな?
デザイン画も展示してありました。
見ているだけでとても楽しい;。
DSCN1423.jpg

DSCN1425.jpg 
出口のショップにはバレエのDVDや小物などがたくさん。
バレエバックなども売っていました。

1時間半ほどを費やしたオペラ・ガルニエの見学。
外観も・内装も豪華絢爛で見ごたえがありました。
人も混み混み、という感じではなく
個人的には前日のヴェルサイユ宮殿より
ゆっくり見学が出来て楽しかったです。
次回は是非オシャレをしてバレエを観てみたいな。


No.721 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.12.08  2012. 8 Paris 七日目②フラゴナールとオペラ・ガルニエ見学その1


優雅な朝食を終え、オペラ座へ。
オペラ座見学は10時からだったので
その前に「フラゴナール香水博物館」に寄りました。
DSCN1362.jpg
受付に日本語の案内ガイドがありました。
団体で回ってる方々もいたのでツアーなどがあるのかも。
私たちはほぼ直行でショップへ。
お土産用に買いたいと思っていた練り香水を購入。
DSCN1475.jpg
パッケージもパリらしいし、ちょっとしたお土産に良さそうで。
それぞれ香りが違います。

長女も自分用に。
DSCN1478.jpg

オペラ座見学入口。
ちょっと分かりにくかも。
中に入るとチケット売り場があります。
26歳未満は割引があるので長女の分はパスポートを見せてチケットを購入。
DSCN1367.jpg

入ってすぐのところに・・・
結構衝撃的
DSCN1369.jpg 

パリのオペラ座は、外観および内装はネオバロック様式の典型と言われ、
たくさんの彫刻を飾り、華美な装飾を施した豪華絢爛たるもの。
DSCN1374.jpg 

この回廊なんて本当に豪華。
ヴェルサイユ宮殿よりも華やかに感じました。
DSCN1387.jpg 

天井も細やかに描かれていて素敵。
DSCN1390.jpg 
長くなってしまいそうなのでその2へ・・・





No.720 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.12.05  2012. 8 Paris 七日目①ラデュレでパンベルデュ


帰国は夜11時35分の便なのでまだ一日観光が出来ます。
朝荷物のパッキングをし、チェックアウト、荷物を預け
ホテルの朝食をパスし、マドレーヌ教会近くの「ラデュレ」に!
おいしい~と評判のパンベルデュ(フレンチトースト)を目指して。
ラデュレのディスプレイってカワイイ。
DSCN1357.jpg 
9時到着でお店はほぼ満席。
最後のテーブルに案内されました。
オーダーはもちろんパンベルデュ二つ
まずはこんな小瓶のメイプルシロップ。
ラベルに「ラデュレ」が入っているだけでなんとなくオシャレ
DSCN1351.jpg
そしてこちらがパンベルデュ。
ホイップクリームはお願いして持ってきてもらいました。
DSCN1353.jpg
バニラ・ティーを。
DSCN1354.jpg
ホイップクリームは軽くてふわふわ、甘すぎずたっぷりつけて頂きました。
やっぱりおいしい~
パリのラデュレで朝食を頂いてるってなんだかうれしいー
そしてこちらのラデュレ、スタッフが背の高い、カッコイイ男性が二人。
もー素敵過ぎ



No.719 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.12.02  2012. 8 Paris 六日目⑤パリ最後の夜・・・


ホテルに到着したのが7時半。
身体は疲れているのだけどパリ最後の夜、
このまま部屋でまったりするのはもったいので
ホテル近辺を散策することに。

マドレーヌ教会にやってきました。
 DSCN1338.jpg 
マドレーヌ広場には高級食材のお店がたくさん。
でも残念ながらほとんどのお店、閉店の時間を過ぎていてディスプレイを眺めただけ。
「FAUCHON(フォション)」はまだ開いていたので
お土産にクッキーを買ったり、またまたマカロンも購入。

帰り際に見た夕暮れのヴァンドーム広場。
DSCN1336.jpg    

ホテルに帰ってきて二人でスィーツタイム。
こんなにマカロン買っちゃった
ストライプと光り輝くゴールドのマカロンはフォションのもの。
他はラデュレ。
味の違いは覚えていません・・・
DSCN1344.jpg

ラデュレで次女へのお土産を購入。 
DSCN1481.jpg  
長女と二人で「かわいい」と気に行ったキーチャーム。
そういえばサンジェルマン・デ・プレのラデュレには日本人スタッフがいました。
日本語で買い物出来るってやっぱりうれしい。
DSCN1484.jpg   
コレ、次女学校に行くリュックにつけていました
あっという間にマカロン部分がどこかに・・・
残念。

最後の夜なのでこの日は長女とゆっくりいろいろな話をしました。
二人で旅行なんてもう来れないかもしれないしねー。
とってもいい時間を持つことが出来ました。

この日は・・・20618歩!


No.718 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.12.01  舞台「RENT」@シアタークリエ


rent.jpg

このミュージカル本当に本当に本当によかったです。
最後は涙が出てしまいました!
何が?と聞かれると困るのだけど
若さがあふれるエネルギッシュな舞台が素晴らしかった。

この舞台以前も記事にしたことがあるのだけど都民半額鑑賞会
半額だったら、という気持ちで申し込んだもの。
初めはガチャガチャした雰囲気に入りこめなくて。
歌詞もよく聞き取れない。
ただだいたいのストーリーだけは調べていたので内容は理解出来た。

後半になると一転、舞台に深みが増してきてどんどん引き込まれていった。
私はミュージカルなどというものには素人。
歌の良し悪しなんてわらかない。
とりたてて凄いスターが出る訳ではないこの舞台。
ネットで評も見ても歌への批判、
代々のマーク、山本耕史、森山未來、福士誠治との比較。
など芳しくないものある。

でも逆にスターのいないこの舞台、
(賀来賢人さんが有名だったらごめんなさい。
私はあまり知らなかったもので)
周りのキャストみんなのエネルギーを感じた。
みんなで良い舞台を作ろうという一生懸命な気持ち。
技術に走らず、情熱の舞台。
舞台って生モノだから素晴らしいんだな、と感じられること。
細かいストーリーではなく、その熱さが伝わってくる舞台。

もう一度観に行こうとチケットを探してしまった。
残念ながら明日が千秋楽。
来年の楽しみにしようっと。


No.717 / 舞台 / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。