FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.11.30  2012. 8 Paris 六日目④サンジェルマン・デ・プレ散策とダ・ローザで夕食


オルセー美術館を出て歩いてサンジェルマン・デ・プレに向かいます。
DSCN1300.jpg 
思ったより時間がかかったのですが素敵な街並みのおかげで苦にはならず。

パリ左岸の中心地サンジェルマン・デ・プレ。
かつては文化の中心地として芸術家たちを魅了し、
現在はショッピング街と文化地区が共存し、
パリの代名詞のような洗練された雰囲気のエリアとのこと。

サンジェルマン・デ・プレ教会に入ってみます。
DSCN1303.jpg 
中は広く明るく、それでもとても厳かな雰囲気。

ブランド店が並ぶ通りでお店に入ってみたり、
パリのマツキヨと言われている「CityPharma(シティ ファルマ)」というドラッグストアを
覗いてみたり、この旅初の「LADUREE(ラデュレ)」も。
マカロンや小物をお買い上げ・・・
ディスプレイもカワイイ!
DSCN1305.jpg 

本日の夕食。
サンジェルマン・デ・プレにある「da rosa(ダ・ローザ)」
DSCN1326.jpg 
オーナーのダ・ローザ氏がフランス中から選び抜いた最高級食材を扱う店舗兼レストランです。
お店で売っているソーテルヌというレーズンチョコが有名。
ワインにもあう、というチョコで買って家で食べましたが甘すぎずおいしかったぁ。
イベリコ豚の生ハムなどもおいしいとのこと。

店内は落ち着いているけれど高級過ぎない感じ。
二階に上がる階段。
DSCN1323.jpg 

まず大好きなサングリアで喉を潤しまーす。
このバラのイラスト入りグラスかわいい。
DSCN1317.jpg 

イベリコ豚のハム入りフォアグラ。
DSCN1319.jpg 
パンに乗せて頂くとワインに合う~♪

イベリコ豚のリゾット。
DSCN1321.jpg 
これがとってもおいしかったー。
お米の柔らかさがちょうど良いの。
チーズ入りリゾットにイベリコ豚のハムの塩味がきいて。
今まで食べていたリゾットは何?って感じ。

この後甘党ムスメはもちろんデザート食べたのですが
写真撮り忘れました。
アイスだったかな・・・

お腹もいっぱいになってここからはバスで帰ります。
サンジェルマン・デ・プレ教会そばのバス停から95番のバス。
オペラ通りの様子を見ながら適当に降ります。
階段もないし、座ってのんびり、
やっぱりバスって快適!


No.716 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.11.26  2012. 8 Paris 六日目③ヴェルサイユ宮殿~オルセー美術館


宮殿の中は夏の日差しと人混みで暑い、暑い。
とにかく順路通り1、2階と回ってみました。
その内装や天井画などの豪華さに目を見張るばかり。

外へでてみるとこんな素敵なお庭!
DSCN1283.jpg 
この後庭園に出てプチ・トリアノンなどを回る予定・・・
が!!
長女が暑さのあまり気分が悪いと
もうこの人混みの中を歩く気にならない、と言われてしまって。
確かに本当に暑くて暑くて、庭園に下りるも人混みは変わらず。
きっと疲れもあったのでしょう。
ここはあきらめ、さっさと立ち去ることに。
ちょっと残念でしたが。

往きはバスで来たヴェルサイユ宮殿、
帰りはオルセー美術館に立ち寄るつもりなので
鉄道RER C線を使います。
駅までは遊歩道を15分ほど歩きます。
DSCN1286.jpg 
歩き疲れてしまい
冷たいものを飲みたくて駅前のスタバに。
DSCN1287.jpg 
ホイップもりもりの・・・フラペチーノだったことは覚えているのだけど。
オーダーすると名前を聞かれカップに名前を書いてくれます。
出来あがると超のりのり大声で名前を呼ばれて・・・
このノリは日本じゃ無理だよねー

「ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ」駅から「ミュゼ・ドオルセー」駅までは一本。
切符は窓口で購入。

オルセー美術館は写真が禁止なので撮っていません。
何故か入口もこの1枚だけ。
DSCN1297.jpg 
ルーブル美術館に負けず劣らず素晴らしい作品がたくさん。
マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴッホなどなど・・・
でもやっぱり写真に撮らないと観た絵をあまり記憶していないなぁ

ここだけは皆様記念撮影をしていました。
大時計台。
DSCN1292.jpg 

ルーブル美術館に比べると狭いとは言え、やっぱり回るのは結構な時間がかかりました。
途中また歩き疲れて中のカフェでひと休みしましたが
その時間も入れて2時間半ほど。
パリの美術館巡り、体力いります・・・


No.715 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.11.23  劇団四季「ウェストサイド物語」


siki.jpg
久しぶりに四季観てきました。
ずーっと前から「ウェストサイド物語」観たくて 。

ずっと昔に観た映画版(日本公開は1961年とのこと)に
感銘を受けました。
「ロミオとジュリエット」を元にしたラブロマンス。
その中にもアメリカの人種問題や、貧困問題を盛り込んだ
ニューヨークのスラム街を舞台に繰り広げるミュージカル映画の代名詞といえる作品。

踊りと歌が本当に本当に素晴らしくて。
俊敏で踊りも歌も上手で不良っぽいジョージ・チャキリスに
憧れたなー。
ナタリー・ウッドも美しくて。

劇団四季のウェストサイド物語。
映画への思い入れが強すぎてちょっと「違う~」な気持ちに。
そりゃ仕方ないですよね、歌詞も日本語なんだから。
歌はとっても上手で聞き惚れちゃいました。
ただ全体的に年齢層が高いような気が。
この物語の縦線になるのが若者同士の抗争。
その若気の至り的な感じが伝わってこない。
それがちょっと残念。

初めのシーンで昔どこにでもいたようなリーゼント姿で
指を鳴らして踊りだしたときには「そうそう、この世界!」と
うれしくなりましたが。

四季を観た後にツタヤでDVDで借りて久々に映画観ました。
古さは否めないけどやっぱり素敵。
歌もほとんど覚えていたな。
やっぱりイイ映画って色あせない。
あ、四季の感想よりも映画感想になってしまいました・・・

No.714 / 舞台 / Comment*2 // PageTop


2012.11.20  2012. 8 Paris 六日目②ヴェルサイユ宮殿



一階には肖像画などが飾られていました。
DSCN1220.jpg
 

DSCN1223.jpg
ウェルトミューラー(Adolf Ulrich Wertmüller)作。
ヴェルサイユの庭で子供たちと歩いているマリー・アントワネット。

DSCN1253.jpg 
有名な鏡の間。
全長73m、幅10.5m、高さ12.3mの回廊の庭園側の壁に17の窓があり、
その反対側の壁には578枚の鏡が壁一面を覆っているそうです。
キラキラしてるー
すごい人ですよね。
世界中から集まってる感じ・・・

DSCN1262.jpg 
鏡の間にすごーい大きなヒールの靴。
これ何?と調べてみたら・・・
宮殿内では毎年超大物アーティストの作品展が開催されているようで
6月からは、ポルトガル人アーティスト、ジョアナ・ヴァスコンセロスとの
コラボ企画が開催されているとのこと。
この作品すべてステンレスの鍋と蓋(ふた)で作られたものらしい。
アートだったんですねー

DSCN1238.jpg 
ヴィーナスの間の天井画。
この部屋の名前の由来になった『神々と超大国を従わせるヴィーナス』の絵。
どこの部屋も素敵な天井画が描かれていました。

DSCN1234.jpg 
ヘラクレスの間に飾ってあるヴェロネーゼ作『パリサイ人シモンの家の宴』
大きな絵ですね。

DSCN1277.jpg 
「ナポレオン1世の戴冠式」

DSCN1266.jpg 
「王妃の寝室」
歴代のフランス王子が生まれた部屋でここで19人の王子が産声をあげたんですって!


DSCN1280.jpg 
こちらもすごい。
あまりの可愛らしさに何枚も写真撮っちゃいました。
これもきっとアートですよね?


No.713 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.11.18  2012. 8 Paris 六日目①ヴェルサイユ宮殿


4ヶ月前から通い始めたフィットネス、
週に1~2日スタジオとマシントレーニングをして
もう1日はプールに行くようにしています
1日フラメンコに行っているのでそのくらいが精一杯・・・
通い始めた当初は300m泳ぐと息が上がって大変でした。
少しずつ泳げるようになってきましたよー
今は300m泳いでアクアビクスを45分、
その後もう300m泳ぐようにしていまーす。
目標は1kmなのでまだ先は長いな。


6日目の予定は「ヴェルサイユ宮殿」
パリ旅行が決まって「ベルサイユのばら」を大人買い。
予習はしっかりしてきました

ヴェルサイユ宮殿に行くには何通りかあるのですが
選んだのはメトロ&バス。
時間はちょっとかかりそうだけど到着してからあまり歩かないし
先日バスに乗ったら景色がみえてなんだかとっても快適だったのー

メトロ9号線の終点まで行きたかったので
ホテルから「Chaussee D'Antin-Lafayette」駅まで歩きます。
この駅は9号線が通っているので終点まで乗っているだけ。
通勤時間だったので混んでいましたが途中で座れました。

終点「Port de Sevres」まで19駅。
改札をでるとバス乗り場はすぐ分かりました。
DSCN1197.jpg
171番のバスに乗ります。
行き先「Cateau de Versailles」を確認さえすれば
ここでも座って終点まで乗っていればOK
30分は乗っていたと思います。
終点で降りると目の前にヴェルサイユ宮殿が見えます。
DSCN1199.jpg 
やってきましたヴェルサイユ宮殿。

DSCN1201.jpg 
入口近くにあるルイ14世の騎馬像

DSCN1206.jpg 
とにかくスゴイ人・・・
入場するまでに30分並びました。

DSCN1208.jpg 
中庭から。
キラキラ輝いてるー
Informationで日本語ガイドを入手、
カウンターでオーディオガイド日本語版をレンタル。(無料)
DSCN1231.jpg  
やはり日本語の説明があった方が分かり易かったです。
借りるときにIDの提示などはなかったし
返すときも出口の置き場に掛けるだけ。
お手軽な感じ。

いよいよヴェルサイユ宮殿の観光
ただどこもかしこもすごい人・・・


No.712 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.11.14  ホームステイ


オーストラリア 013
次女がオーストラリア・シドニーのホームステイから戻ってきました。
感想は・・・「疲れたぁ」だそうで。

ホームステイ先には12歳を頭に4歳まで4人の子供がいたとのことで
早朝から夜遅くまで超ハイテンション、英語で話しかけて来てくれたらしい。
盤ゲームをやったり、お庭でおにごっこをしたり、折り紙を折ったり。
お友達も遊びに来てみんなでBBQも。
フリータイムには海に連れていってもらって、念願のショッピングにも行って。
とってもいいご家庭にお世話になってよかったぁ。

学校でのスケジュールの中には地元の学校訪問もあって
そこで踊ったそうな。
イケメンが多かったよ、な感想。

英語が話せなくても伝える気持ちがあればどうにか通じる、と実感したらしい。
ソレ結構大事だと思います。
話せるように勉強してくれるのも大事だけどねー。
たった4泊のホームステイだったけどとても良い経験だったみたい。
あとは高校で3週間だね。
「え~長すぎ。無理!」と本人は言っております・・・

次女がいない穏やかな一週間(笑)はあっという間に終わってしまいました。

オーストラリア 086 
ブルーマウンテン

オーストラリア 065 
連れて行っていただいた海
水が透き通っていてとても綺麗だったそうです

オーストラリア 056 


No.711 / 日々のこと / Comment*2 // PageTop


2012.11.12  2012. 8 Paris 五日目④ディズニーランドパリその4


今日は結婚記念日。
旦那は朝早くから夜遅くまで海に行くというので
一日早い昨日二人でお酒を飲みに行ってきました。
次女はいないし、長女も相変わらず遊びに行ってるし。
これからはきっとこんな二人の時間が増えるんだろうなぁ。


せっかく20周年の記念の年に来たのだから、
このパレードは見ようと娘と話していました。
「Disney Magic on Parade!」
DSCN1128.jpg
ディズニーランドパークに戻り7時からのパレード待ち。
この日も良いお天気で暑かったなぁ。
お水を何本飲んだことか。

DSCN1135.jpg
そんな暑い中みんなパレード待ちしてます。

やってきました!
DSCN1145.jpg

DSCN1150.jpg
なんでわざわざ作り物のアリス?とアリス好きの娘は怒っておりました(笑)

DSCN1155.jpg

DSCN1167.jpg

DSCN1175.jpg

DSCN1182.jpg
華やかでとっても楽しいパレードでした。

パレードが終了した時点で時間は夜7時半過ぎ。
明るいので時間の感覚を無くしてしまいます。
お土産を購入してディズニーランドパリを後に。

帰りのRER線では座ることが出来ず、立っていました。
治安が悪いと言われているRER線、
怖い人が乗っているという感じではなかったですが
マナーの悪い若い人たちがたくさんいました。
人が通る通路にみんなで座りこんでいて、ゴミはそこら中にちらばっていて。
あまり良い感じではなかったです。

夕方4時にジャンクフードを食べていたため、
あまり食べる気がなく、帰りにオペラ通りのモノプリに寄り、サラダを購入。
ワインとサラダで夕食代わり。
DSCN1189.jpg

この日は・・・21903歩

No.710 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.11.10  2012. 8 Paris 五日目③ディズニーランドパリその3


次女はシドニーの空の下でどう過ごしているのかなぁ。
ホストファミリーと一緒に楽しい時間を過ごしているといいな・・・


ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークは映画をテーマにしたディズニーパーク。
DSCN1078.jpg
20周年のティンク。

DSCN1071.jpg
ここにも!

気がつけば4時過ぎ、ここまで何も食べていなかったのでさすがにお腹が・・・
パークを入ってすぐのお店がすぐ座れたのでそこで。
DSCN1081.jpg
こんなジャンクなフード。

5時からのパレード「Disney's Stars‘n’Cars」を後ろの方から覗き見。
DSCN1086.jpg

DSCN1089.jpg
後ろからでこんな写真しか撮れませんでしたが他にも白雪姫やムーラン、レミー、
もちろんミッキー、ミニ―もそれぞれ趣向を凝らした車で通り過ぎて行きました。

DSCN1084.jpg
大好きなタワーオブテラーですが確か90分待ちくらいで諦めました。
DSCN1120.jpg
他のパークにはないパリだけのアトラクション「クラッシュ・コースター」
こちらの待ち時間はもっと・・・
この時間ではファストパスももうありませんし、
やっぱりどのアトラクションも60分以上待ちます・・・
夏休みのディズニーランドパリ混んでます

それで、結局何にのったかと言うと「スタジオ・トラム・ツアー」
DSCN1099.jpg 
確か45分待ちくらい。
フロリダと変わりはなく、なかなかの迫力でした。

乗ったのはそのくらいかな。
あまり記憶が・・・
夜7時からのディズニーランド・パークの20周年パレード
「Disney Magic on Parade!」を観たかったのでもう一度パークに戻ります。



No.709 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.11.08  2012. 8 Paris 五日目②ディズニーランドパリその2


本日次女がオーストラリアのホームステイに旅立ちました。
とは言うものの一週間なのですぐ帰って来ちゃうんですけど。
これは予備的で高校に行くと3週間の北米研修が待っています。
英語苦手の次女、ホームステイを不安がっていたので
「楽しみ半分、不安半分って感じ?」と聞いたら
「ん~不安半分、面倒くささ半分!」ですって。
ソコに楽しみはないのかい!!
代わりに行きたいくらいだわ~
無事帰ってくることを願うだけです。



20周年のディズニーランドパリ。
入るとすぐ目の前にパレードが・・・
「Disney's 20th Anniversary Celebration Train 」
20周年のメインパレードは夜7時からですが
こちらは昼間のミニパレード。
DSCN0986.jpg

DSCN0991.jpg
ディズニーランドパリは眠れる森の美女のお城。
香港とアナハイムが眠れる森の美女とのことですが
パリが一番シンプルな外観のような気がしました。

まずはビッグサンダーマウンテンのファストパスを。
このときプリントアウトしたチケットのバーコードを読み取らせるのですが
これがなかなか読み取らなくて。
一枚は大丈夫だったのにもう一枚がなかなか読み取らず
キャストの方にお願してしまいました。

その後は「インディ・ジョーンズと危難の魔宮」
(レイジングスピリッツのようなコースター)に乗ったり
「おとぎの国のカナルボート」
ボートに乗って、水路の両脇にディズニーの歴代映画を
ミニチュアで再現した世界を回るアトラクション。
DSCN1048.jpg 
小さくて全く見えませんが真ん中に美女と野獣のベルがいたり、

DSCN1050.jpg 
オズの魔法使いのブリキのきこりやラインオンがいました。

「イッツ・ア・スモールワールド」も一応乗っておかないと。
DSCN1053.jpg

長女が楽しみにしていたのが「アリスの不思議なラビリンス」
ビデオでみたのがすごーく可愛くて。
DSCN1007.jpg
こんな感じの迷路をただ歩くだけなんですけど

DSCN1014.jpg
途中に写真撮影ポイントがあったりして
DSCN1019.jpg
それがとっても可愛い。
みんなでぞろぞろ歩くので迷路とは言えないかなぁ。

ビッグサンダーマウンテンのファストパスの時間になったので乗ったり、
ファントムマナー(ホーンテッドマンションとほぼ同じ)に行ったり。

あっという間に4時になったので一度
ウォルト・ディズニー・スタジオパークに行くことにしました。


No.708 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.11.05  羽田空港




旅立つ・・・わけではなく用事があってやって来ました。

どこか行きたいなぁ。
No.707 / おでかけ / Comment*0 // PageTop


2012.11.05  2012. 8 Paris 五日目① ディズニーランドパリその1


長女がまだ小さい頃大好きだったビデオ↓。
繰り返し繰り返し見ていました。
次女も大好き。
最近でもたまに引っ張りだして見ることもあるくらい。
持っているディズニービデオの中でも一番見ることが多かったんじゃないかな。
ディズニーと歌おう「ディズニーランド・パリ」【日本語吹替版】 [VHS]ディズニーと歌おう「ディズニーランド・パリ」【日本語吹替版】 [VHS]
(1996/06/21)
レイ・ハーライン、 他

商品詳細を見る
パリは観光したい場所がたくさんあるのでディズニーランドへ行こうか悩んだのですが
このビデオの存在で長女があのビデオの中のディズニーに行きたい、と。
ちょうど20周年のイベントもやっているし、
満喫は出来ないだろうけど雰囲気を感じるだけでも、と日帰りで行くことにしました。

やっぱり混んでました・・・
アトラクションも60分待ち以上が多くほとんど乗りませんでした。
ファストパスで乗ったくらい。
並ぶのが嫌いなもので
でも20周年のパレードを観たり、雰囲気を感じられて満足。
帰ってからまたビデオを見返し、ココあったね、などと楽しんでいます・・・

当日はちょっと出遅れてしまい10時開園だというのに
ホテル出発が9時半。
RER線で一本なのでホテルから歩いて「AUBER」駅へ
改札までエスカレーターでどんどん地下に入っていくのですが
人がいなくてしーんとしててちょっと怖かった。
切符は窓口で行き先のメモを渡し往復で購入。
ホームはこんな感じ。
DSCN0965.jpg
RER線は治安が悪いと言われていますが
この線は終点がディズニーランドということもあり
子供連れのファミリーが多く、怖い感じはありませんでした。
駅を下りるとまずは荷物検査。
DSCN0966.jpg
ここからすでに人多かったですね。

DSCN0979.jpg
まずはディズニーランド・パークに行きます。
(ディズニーランドパリはディズニーランド・パークと
ウォルトディズニー・スタジオの2パークがあります)

チケット売り場のスタッフにプリントアウトしてきたチケットを見せると
IDの提示を求めれらました。
パスポートの現物を持ってきていたのでそれを見せてインパ。
コピーでも大丈夫だったのかな?

DSCN0980.jpg
20周年のディズニーランド・パリ。
ビデオで憧れていたあの地に来ちゃいました。



No.706 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.11.01  2012. 8 Paris 四日目④ ル・グラン・カフェ・カプシーヌとイルミネーションツアー


ホテルに戻り、2時間ほど休憩。

イルミネーションツアーの集合時間は9時50分。
その前に夕食を。
オペラ座近くの「LE GRAND CAFE CAPUCINES」(ル・グラン・カフェ・カプシーヌ)
ココで食べたかったのはコレ↓
DSCN0898.jpg
エスカルゴ
ガーリックバターがきいてておいしい
エスカルゴお初の長女、貝類はあまり好きではないのですが
超お気に入りになった様子。
ガーリックバターにフランスパンって最強の組み合わせ。

メインはサーモンのグリル。
量が多くて半分も食べられず・・・・
DSCN0902.jpg 
ムスメは鶏の煮込みだったかな。
思ったより味が濃くなくおいしかった、と言っていました。
DSCN0908.jpg 
母は満腹で動けないー、っと言っているのに
ムスメはデザートいっちゃいました。
パフェ?
上に乗っているのはマカロンで添えられてるのがマドレーヌ。
カ、カ、カロリーが・・・
DSCN0910.jpg
お店の中はアールヌーヴォー調のインテリアで豪華な感じ。
そして何よりも日本語メニューがあるのがうれしい
DSCN0897.jpg 
一度ホテルに戻り9時15分頃に徒歩で
イルミネーションツアーの集合場所に向かいました。
今回唯一のツアーですが行きに送っていただいたエミトラベルのバスの中で
長女と相談して申し込みました。
イルミネーションは見たいけれど暗くなり始めるのが夜9時過ぎ。
出歩くのはちょっと危険そうで。
集合はルーヴル美術館前のパレ・ロワイヤル広場。
バスの座席半分くらいの埋まり方で出発です。
同じような母娘二人連れ多かったですよー。
コンコルド広場やノートルダム寺院などは車窓からの見学。
下車観光は凱旋門とエッフェル塔の二か所。
夜の凱旋門も素敵。
充分な写真タイムがありました。
DSCN0942.jpg 
エッフェル塔はちょうどダイヤモンドフラッシュの時間に合わせての下車になります。
DSCN0945.jpg 
パリの観光地の有名どころを一周回った感じでした。
帰りは途中他の車に分乗してホテルまで送ってくれます。
目の前とは行きませんでしたが徒歩3分くらいのところで下車。
ホテルの前のお店がまだ開いていたこともあって怖くはありませんでした。
ホテル到着は夜中12時頃。
この時間の観光は個人では難しいのでこれはツアーにしてよかったと思います。

この日は・・・15044歩。
途中ホテルで休んだためかちょっと少なめだったな。


No.705 / 2012. 8 Paris / Comment*4 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。