FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.09.30  東京ディズニーシー


DSCN1515.jpg

水曜日オバサン熟女二人で行ってきました。
子供抜きなんて独身のとき以来だなぁ。
平日だというのに混んでた。
ハロウィンだから?
軒並み100分待ちでした。
トイストリーマニアも210分待ちが最高だったかな。
それを見ると140分なんて短い、と思っちゃうけど
2時間20分でしょ。
もちろん乗りませんでした。
一緒に行ったのは姉ですが姉の希望でショー中心に。
いつもアトラクションばかりで観たことないとのこと。
ほぼ開園から閉園まで楽しんで来ました。
DSCN1517.jpg

「ハロウィン・デイドリーム」1時間半まえにはもう場所取りの人が一杯。
DSCN1525.jpg

「テーブル・イズ・ウェイティング」これ楽しかったです。
上手に写真撮れなかったけど・・・
DSCN1529.jpg

夜のトイストーリーの場所ライトアップがすごーく綺麗
DSCN1539.jpg 
次回は寒くなった頃にトイストーリに乗りに来ることに。
ランドもいいなー。



No.691 / TDR / Comment*2 // PageTop


2012.09.26  東京ディズニーシーなう




140分待ちですって
No.690 / TDR / Comment*2 // PageTop


2012.09.26  2012. 8 Paris 二日目⑦エッフェル塔とセーヌ川クルーズ


凱旋門から少し歩き「クレベール」駅からメトロに。
券売機で「CARNET(カルネ)」という切符の10枚回数券を購入。
ネットなどで買い方は予習していたのでばっちり
初メトロ、エッフェル塔を目指し「トゥロカデロ」駅まで2駅の冒険。
パリのメトロは路線番号と行く方向の終点駅を覚えておけば
とても簡単に乗ることが出来ます。
乗り継ぎも分かりやすい。
ただその度に本を出して、終点駅を見るのは観光客丸出しで
(どうみても観光客ですが!)危ない気がして
毎日乗るメトロを小さな紙にメモしてバッグの外ポケットに忍ばせてました。

「トゥロカデロ」駅を出るとシャイヨ宮。
目の前にエッフェル塔。
DSCN0566.jpg
この景色は感動もの。
エッフェル塔って落ち着いていて威厳があるなぁ。
エッフェル塔に近付くとセーヌ川。
次の予定は下の写真の右に小さく見える「バトーパリジャン」という船に乗ってセーヌ川の遊覧クルーズ。
DSCN0570.jpg 
パリミュージアムパスを購入すると半額でクルーズのチケットが
購入出来るというキャンペーンをやっていたので一緒に購入しておきました。
DSCN0576.jpg 
思ったより大きくて座席はたくさん。
DSCN0578.jpg 
各椅子にこのような案内のレシーバーがあって
番号によって各国語で案内が聞けます。
日本語は7番だったかな。
DSCN0581.jpg 
だいぶ疲れていたので座って川岸を見ながらのんびり1時間のクルーズ。
パリの主要観光所がセーヌ川から見えるので位置を把握するのにもよかったです。
でも暑かった・・・
冷房ががんがん効いた部屋が恋しかった・・・



No.689 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.09.24  2012. 8 Paris 二日目⑥凱旋門


ドキドキしながらのパリ初ランチを済ませたあとは
シャンゼリゼ通りに戻り、凱旋門を目指します。

目の前に現れたエトワール凱旋門。
パリだー!!!
DSCN0526.jpg 

凱旋門の回りはロータリーになっているので
地下道を通って中に。
DSCN0553.jpg
凱旋門は一番上まで登ることができます。
284段の階段を上がれば!
すでに疲れているのに上がれる?
怖気づくハハ
ムスメに「ココまで来たら行こー」と背中を押され・・・
狭い螺旋階段を目が回りそうになりながら上ります。
息を切らしながらどうにか上がりきり
目の前には・・・
DSCN0536.jpg
こんな風景。
 素敵
シャンゼリゼ通りですね。 
天気がよいので本当に気持ちがいい。

DSCN0550.jpg 
凱旋門を中心に12本の通りが放射状に延びています。

DSCN0543.jpg 
遠くにはエッフェル塔も。
284段は大変だったけどこの景色をみたら
疲れも吹き飛びました。

まだまだ観光は続きます。
二日目からハード。
次はエッフェル塔を目指し初メトロ。


No.688 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.09.22  2012.8 Paris 二日目⑤ランチまで


ルーブル美術館の前にはカルーゼル凱旋門。
こちらの凱旋門はナポレオンの勝利を記念し、1808年に完成したとのことですが
ナポレオンはこの凱旋門が期待していたよりも小さかったことに不満を抱き、
さらに大きな凱旋門を作らせた、とのこと。
へー。確かに小ぶり。
DSCN0499.jpg
下手な写真ですが空の綺麗さは伝わってくれるかなぁ。

目の前の道の建物の一階にはお土産屋さんがずらり。
DSCN0504.jpg 
ここから凱旋門まで初地下鉄(メトロ)で向かう予定でしたが
まだ初日で元気があり、お土産屋さんが楽しくてぷらぷら歩くことに。
後々疲れて大変なことになるのですが・・・

途中モンブランで有名な「アンジェリーナ」がありました。
サロンは行列。
仕方ないのでエクレアを購入。
DSCN0505.jpg
甘党の長女が「おいしい~」と歩きながらペロッと完食・・・

メトロで凱旋門までは6駅。
途中コンコルド広場があったり、シャンゼリゼ通りを通ったりで
飽きることはないのですが
日射しは強いし、
軽い上り坂になっていて疲れました・・・

シャンゼリゼ通りのカフェは混んでいたので初カフェの母娘には敷居が高く
通りより少し入ったところのブラッスリーでランチを。
DSCN0518.jpg
こちらのお店。

それほどお腹がすいていなかったのでピザ一つをシェアし、
長女はフルーツカップがいい、と。
甘いものとフルーツさえあれば行きていける長女・・・
DSCN0515.jpg

DSCN0516.jpg 

暑くて疲れててレモネードが何よりもおいしかったー
 DSCN0517.jpg

凱旋門までもうすぐ・・・

No.687 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.09.21  裁判傍聴@東京地方裁判所


 長女の大学の宿題で「裁判を傍聴し、レポート提出」があり
裁判の傍聴は以前から行きたいと思いたので
私も行くーと付いて行っちゃいました。

まずは何着ればいいんだろー(笑)

結局娘は紺色のワンピース、私も薄いブルーのシャツにパンツ(いつもと変わらない
行ってみたところ夏場だったので白いシャツに紺のパンツやスカートが多かったです。
冬場はやっぱりスーツなのかな。
足元は黒のパンプス。
中には派手な方もいらっしゃいましたがちょっと浮いてました。
でも別に服装で入っちゃダメ、というのはないので。

霞が関A1出口から出てすぐ目の前。
手荷物のⅩ線検査があります。
その後目の前のテーブルに本日の裁判の内容や時間、
場所が書いてある台帳があるので
それを見て何を傍聴するのかを決めます。
裁判所内はもちろん撮影禁止。

二日間行って来ました。

一日目傍聴。
すごく興味深かったです。
TVで見ていたような状況が目の前に。
私たちが傍聴した裁判は報酬金に関する民事裁判ですが
証人、原告、被告人の尋問。
反対尋問がすごい。
言った、言わないの応酬。

興味深いなどと言ってはご当人には申し訳ないですが
裁判官になった気持ちでいろいろ考えました。
ドラマのような現実が目の前に。
次回の結審も傍聴しに来たくなりました。

二日目傍聴。
刑事事件です。
売春防止法違反の判決言い渡し。
覚せい剤取締法違反の裁判。
覚せい剤取締法違反の裁判は一日で結審
次が判決言い渡しになることが多い、と娘が言われたそうで
理解しやすいと思ったようです。

民事事件とはまたちょっと違った緊張感。
初めてでしたが事件の内容も証人尋問の主旨も理解出来ました。
聞いているこちらにも覚せい剤の恐ろしさ、
罪を犯してしまったことの重さ、が伝わってきました。

なんだとっても貴重な経験でした。


帰りは東京駅構内にあるリゾット専門店に。
RISO CANOVIETTA(リーゾカノビエッタ)」
リゾット専門店って珍しくないですか?
カウンターのみの小さなお店。
トマトとモッツァレラのリゾット。
  __.jpg

娘はレポート書きあげたのかなー


No.685 / おでかけ / Comment*2 // PageTop


2012.09.19  2012. 8 Paris 二日目④ルーブル美術館その3


ルーブル美術館もう少し続きます。

「ハンムラビ法典」
こんな有名なものが無造作に置かれていて・・・
細かい文字がびっしり書き込まれていました。
DSCN0438.jpg 


「タニスの大スフィンクス」
DSCN0424.jpg 

「アモルとプシュケ」
とても美しい作品・・・
DSCN0490.jpg 

上を見上げると・・・
天井までもが芸術。
DSCN0374.jpg 

「ナポレオン3世の居室」
とにかく豪華。
DSCN0465.jpg 

ここは食堂ですね。
なんか映画の世界みたい。
DSCN0471.jpg 

長女が気に行ったエンジェル?ちゃん。
隣で男の子が格好を真似してて可愛かった。
DSCN0437.jpg 

これはほんの一部。
まだまだまだどこかで見たことのある作品が続々。
なんだかとってもスゴイところに来たんだなぁ、と。

お昼近くになると前に進むのが難しくなるほど混んで来ました。
やっぱり朝一番が勝負ですね。

見落としていた作品があったりしてもとに戻ったり、
ミロのビーナスが見当たらなくてうろうろしたり、
相当時間を無駄にしたようですが
見たいと予定していたものを観終わり
美術館の外に出たのが12時20分。

次はどこかでランチを頂いてから凱旋門を目指します。





No.686 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.09.17  2012. 8 Paris 二日目③ルーヴル美術館その2


モナリザまでの道のりは本で予習していたし、
案内も出ているので他には見向きもせず一直線。
お会い出来ましたー
ガラスケースの中にあの微笑みが・・・
まだそれほど人がいなかったのでロープが張ってある
最前列で鑑賞することが出来ました。
ガラスケース越し、ライトが写りこんでしまってますが
とにかく写真に収めます。
DSCN0363.jpg  
その後も次から次へと有名な絵画や彫刻が、目の前に。
ルーヴル美術館は写真撮影がOKなので、
何を観たのか忘れないように写真を
その一部・・・

「サモトラケのニケ」
DSCN0355.jpg 

後ろからも眺めてみます。
DSCN0403.jpg 

「ミロのヴィーナス」
DSCN0406.jpg 

後ろ姿、想像もしたことなかったなぁ。
DSCN0410.jpg 

「カナの婚礼」大きいDSCN0369.jpg

「民衆を導く自由の女神」
DSCN0477.jpg 

「レースを編む女」フェルメールのこの作品は思ったよりも小さかったです。
小さいけれど存在感がある、細やかなものでした。
DSCN0457.jpg 

「美しき女庭師」
DSCN0390.jpg  

朝一番は思ったほど混んでいなかったルーヴル美術館。
一時間もすると人がどんどん増え、ツアーの方が多いようで
団体で説明している姿を見かけました。
中国の方多かったみたい。

No.684 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.09.16  2012. 8 Paris 二日目②ルーヴル美術館その1


ホテルからオペラ通りを歩きルーブル美術館に向かいます。
朝のパリは風が爽やかで気持ちがいい。
歩くこと15分くらいだったかな。
ルーブル美術館到着。
到着後写真を撮っていて気付いてみたらすでに8時半。
 (開館は9時)
中庭のガラスピラミッドの入り口は・・・
DSCN0341.jpg
すでにこんな感じに並んでいます。
調べたところポルト・デ・リヨン入口が穴場とのことでしたが
残念ながら金曜日は閉まっているらしい。
なのでリヴォリ通り沿いのカルーゼルの入口を目指します。
エスカレーターを下りると小ホールがあり、逆さピラミッドが。
DSCN0353.jpg
そちらの入り口は・・・
DSCN0350.jpg
やっぱり結構並んでるー
でも室内なので日差しもなく、快適に待つことが出来ます。

開館後も列はさくさくと進み、手荷物検査後、
あっという間にナポレオン大ホール。

事前に日本でミュージアムパスを購入済
これでチケットの列には並ばないで済みました。

それから「ルーヴルはやまわり - 2時間で満喫できるルーヴルの名画
という本も購入、準備万端・・・のはずでした。

ところが!
やっぱりルーヴルは広い!!
はやまわり通りに回る予定でしたがそうはいかず。
何だかとっても効率の悪い回り方になってしまいました。

すべて見ようと思うと一週間はかかってしまう、と言われるルーブル。
教科書に出てくるような有名な絵画や彫刻を目指し、
3時間の目標で回ります。

とにかく美術館が混まないうちに一番に目指すはあのお方・・・
「モナリザ」様でございます。


No.683 / 2012. 8 Paris / Comment*0 // PageTop


2012.09.13  2012.8 Paris 二日目①ホテルで朝食


二日目の起床は6時半。
今日は一日観光の予定がびっちり。

こちらのホテルは朝食付き。
フロント横の小さなお部屋で頂きます。
朝7時から。
DSCN0962.jpg
いつもほぼ満席でした。
たまたま誰もいなくなった隙に一番奥のテーブルから撮ってみました
全部で8テーブルくらいしかなかったかな。
DSCN1195.jpg

DSCN0959.jpg

DSCN1194.jpg 
パンは3、4種類。
バケットがとてもおいしかったです。
長女は甘党なので毎日マフィンを。
太るぞ~
ジャム類が小さな瓶でたくさん。
置き方もかわいい。
他には数種類のハムやチーズ。
ヨーグルト、フルーツ、ゆで卵、シリアルなど。
ジュースは二種類。
珈琲、ティーパックでハーブティや紅茶など。
コールドミールだけですがパンや
ハムやチーズがとてもおいしかったので
毎日飽きずに頂きました。

二日目の予定、第一弾は「ルーブル美術館」


No.682 / 2012. 8 Paris / Comment*6 // PageTop


2012.09.11  2012. 8 Paris 一日目③ 散策


 ホテルを出て少し歩くとそこはもうオペラ通り。
そして右を見ると・・・
DSCN0315.jpg
いきなりのオペラ座
とってもキラキラして素敵!
「オペラ座の怪人」映画も劇団四季も宝塚も観ましたよ~
その舞台になったオペラ座ですね。
んー感動。

そしてオペラ座の前の広場は社交場に。
みんな楽しそうにダンス踊ってます。
毎日行われているのかしら。
DSCN0320.jpg 
オペラ座の見学は後日にして
ギャラリーラファイエットに向かいます。
いつもは20時までの営業ですが木曜日だけは21時まで。
ラファイエットグルメで ワインのつまみを購入しようかと。
DSCN0319.jpg 
この吹き抜けの天井がスゴイ。 
いちいち感動しながらうろうろしていたら
あっという間に20時半。
急いでラファイエットグルメに向かうも
すでに店じまいの最中。 
それでも何か買おーっと探して
パリでの初買い物は「サダハルアオキ」のマカロン。
ドキドキして話しかけたら・・・日本の方!無事購入出来ました。
ホテルで写真、と思ったらビニールの袋に
無造作に入れられたマカロンは無残な形に。
いくつかまとめて買えば箱に入れて頂けるけど
4個の購入だったので。

結局時間がなくなり、スーパー「モノプリ」で
お惣菜をみつくろって。
DSCN0323.jpg
左がただひとつ生き残った(笑)マカロン。
キッシュやプチトマトのオイル漬けなど。
中でもタラマ(タラの卵をスモークしてペースト状にしたもの)を
パンに乗せてワインと一緒に頂くとおいしい

パリでの初日はあっという間・・・


No.681 / 2012. 8 Paris / Comment*2 // PageTop


2012.09.09  2012. 8 Paris 一日目②ホテル「ベストウエスタンプレミアロルセオペラ」


今回宿泊したホテルは「ベストウエスタンプレミアロルセオペラ
オペラ駅から徒歩3分ほどのとても便利な立地のホテル。

娘との二人旅のため、口コミを調べパリらしいプチホテルを探しました。
観光にはメトロ、バス、RER線などを使う予定。
こちらのホテルはメトロも何駅か、RER線「AUBER」駅も徒歩、
オペラ座付近からはたくさんのバスが通っていて場所的にとても便利。
ルーブル美術館、オルセー美術館、
プランタン、ギャラリーラファイエットも
歩いていけます。
口コミではホテルスタッフも気持ちの良い応対をして下さるとあり、
とても評判がよかったので予約をしました。
当初は行けるかどうか、だったので
現地払いのBooking.comで予約をし
その後先払いのアップルワールドに変更。
リピーター割引などもあってちょっとお得でした。

オペラ通りから少し入ったところ。
DSCN0782.jpg 

お部屋はフランス式5階。(日本でいう6階)
ツインのお部屋。
この地区のホテルは便利が良い分狭いと聞いていたので想定内。
スーツケースは充分広げられました。
DSCN0305.jpg 

ウェルカムフルーツ
DSCN0307.jpg 

壁の模様がかわいい
部屋のインテリアはへお部屋ごとに違うみたい。
DSCN1347.jpg 

アメニティ。
DSCN0311.jpg 

バスタブの写真を取り忘れましたがバスタブがあり、シャワーは可動式。
お湯の出は問題ありませんでしたがバスタブとトイレの間に
ガラス扉などがないので注意しても床が少し濡れてしまい、それがちょっと困りました。

セキュリテイボックスはカードをスライドさせるタイプ。
DSCN0309.jpg 

ミニバーがあり、小さな冷蔵庫にドリンクなどが入っていたので
それを出して冷やすものを入れておきました。

  ホテル内はwifiフリー。
チェックイン時に案内はなかったのですが
フロントに聞きにいったところ
パスワードが書かれている用紙を頂けました。

ホテルフロントの横に小さなお部屋が・・・
DSCN1332.jpg 
落ち着いた雰囲気で居心地が良かったです。


部屋の入ったのが7時20分頃。
休む間もなく近くを散策に・・・



No.680 / 2012. 8 Paris / Comment*4 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。