明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.10.30  映画「ツレがうつになりまして。」


次女が2泊3日の校外学習から戻ってきました。
お土産は・・・
omiya1.jpg 

omiya2.jpg 
お饅頭とかじゃないんだね(笑)
近頃のお土産はカワイイ
あんなに「面倒くさい。行きたくない。」と言っていたのに
帰ってきたらお話しが止まらない。
楽しかったようでよかったね。



 
ストーリー:仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫(ツレ)がある日突然、
心因性うつ病だと診断される。
結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻ハルコは、
妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことから
ツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。



コレ見たい!と言っていたムスメに
「え~面白そう?DVDで充分じゃない?」と言っていたのですが
たまたま時間が出来てちょうど時間的に合うのがこの映画だったため
全く期待しないで観たのですが・・・

よかったのですよーなかなか。

私は身近にこの病気の人がいたので
病気に関しては「こんなもんじゃないよなぁ」とかも
思ったりしましたがやはりこれは映画なので
この辺りで明るく軽めに描かれているのだろうな、と思います。
あまりに暗くなってもね。

いやぁ、ハルコさんがすごいな、と思って。
自分ならこんな風に受け止められないだろうな、とか。
「どうして自分だけこんな思いをするんだろう」
「ココから逃げ出したい」
なんて自分が布団をかぶってしまいそうな気がする。

これ実話ですよね。
もちろん脚色はあるでしょうけど。
なのでその夫婦愛に感動しちゃった訳です。
自分には出来ないなぁ、なんて。
でももしそうなったら布団かぶって逃げる訳にも
いかないですよね。
でももう身近でこの病気はたくさん。
怖いです。

きっとキャスト二人の雰囲気が暗くなりすぎずいいのですね、きっと。
あ、イグちゃん(イグアナ)の存在も捨てがたい。

映画館で絶対、という程ではありませんが
DVDになったら是非。




No.607 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2011.10.25  2011. 9 Seoul 2 一日目~イビスアンバサダー明洞~


ホテルを決めるにあたって姉の要望は
 「便利のよい場所にあるホテル」の一点。

ソウル二回目の姉の前回旅行はホテルが
繁華街より遠くて移動が大変だったらしい。

買い物に便利で地下鉄の駅も近いところ。
前回宿泊のメトロホテルもお手頃価格で
便利もよく魅力的だったのですが
まだソウル3回目の初心者。
どうせなら違ったホテルに泊まってみたくて。
それで選んだのが「イビスアンバサダー明洞」
予約はポイントを集めているGポイント経由で。
貯まるとJALのマイルと交換出来まーす♪

リムジンバスの停留所の目の前。
便利、便利。
チェックインは19階。
エレベーターはカードキーをかざさないと途中の宿泊階に
行くことが出来ないようになっています。
セキュリティ面でも安心。 
チェックイン時にデポジット(保証金)をクレジットカードで
(いくらか忘れてしまったけれど)切られます。
これはチェックアウト時に破棄して下さいました。 
DSC05630.jpg  
お部屋は広くはないものの掃除が行き届いて清潔。
バスタブはなく狭いシャワールームのみ。
19階にジム&スパがあるそうです。
ただ事前に調べたところ狭くていつも混んでいるとのことだったので
こちらは使用しませんでした。

お茶セットとテレビの下には冷蔵庫。
 DSC05633.jpg 

セキュリティボックスはクローゼットの中。
DSC05634.jpg 

Wi-FiはFreeでした。 

狭いながらもコンパクトにまとまっており、
使い勝手の良いお部屋でした。
 何より 立地が抜群。
姉も満足してくれたかな~

この日は4時からエステの予約が。
のんびりする間はなく、まずは明洞のコスメチェックです!


No.606 / 2011. 9 Seoul / Comment*0 // PageTop


2011.10.22  2011. 9 Seoul 1 一日目 ~出発~


9月の姉とのソウル旅行より早一ヶ月半。
何だかいまさらな気もしますが
備忘録としてたまに見返したりするのも楽しみなので
また少しずつ思いだしながら綴っていこうかと・・・


ソウル旅行前日埼玉在住の姉は仕事が終わったあと
小さなスーツケースをひとつころがして
ウチへやってきました。
いつも泊まりにくると飲みながら
ついつい遅くまでお喋りしちゃうのですが
さすがにこの日は早めに就寝。

出発は金曜日。
娘たちは学校なので朝食を作り、学校に送り出し、
その後車で羽田に向かいました。

羽田の到着ロビーに人がたくさん!
何なに?誰か韓流スターが到着するの?
気になったものの、聞く勇気もなく
後ろ髪を引かれながら出発階に。
後で調べたところヨンさま来日だったそうです。
11時到着の予定で私たちが羽田に到着が8時頃だったので
3時間前でしたがスゴイ人でしたよ~


ちょうど良い時間の出発があったので今回はアシアナ航空
機内食はこちら。
DSC05626.jpg 
あっという間に金浦空港に到着。

ホテルまでは前回乗れなかった6001番のリムジンバスで向かいます。
一番後ろのシートに。
こうやってみると満席ですね。
DSC05628.jpg 
こちらのリムジンバスは日本語でのアナウンスがある、と聞いていたので
心配していなかったのですがアナウンスが聞こえにくくて・・・
ちゃんと降りられるかちょっとドキドキ。
でも「イビスアンバサダー明洞」停留所では降りる人がたくさんいたので
心配することはありませんでした。

まずはホテルにチェックイン。

No.605 / 2011. 9 Seoul / Comment*0 // PageTop


2011.10.18  劇団四季「オペラ座の怪人」


operaza.jpg
楽しみにいていた「オペラ座の怪人」観てきましたぁ~
素晴らしい歌声にうっとりの2時間半でした・・・

この日のファントムは大山大輔さん。
なんと観に行ったこの日が
記念すべきファントムデビューの日だったそう!
(ご本人のブログにそう書かれていました)
現役オペラ歌手とのことです。
どうりで素敵な声。。。
音楽もオーケストラ演奏で聞き惚れちゃう。
なんだかそんな特別な日に鑑賞出来たことうれしいなぁ。


宝塚のファントムを観て、映画を観て、の
怪人のイメージ、見た目の雰囲気はちょっと違ったのだけど
歌が素晴らしかったのでそんなこと忘れちゃいました。

先月観に行った「クレージーフォーユー」は
ダンスシーンの見せ場が多くてとっても楽しかったけれど
「オペラ座」は狂気や悲哀など胸に響く歌やセリフが多くて
感動的。。。
もう一度観たいなぁ。

No.604 / 舞台 / Comment*0 // PageTop


2011.10.13  映画「僕たちは世界をかえることができない。」


eiga12.jpg 
少し前になりますが次女と観に行ってきました。

ストーリー:医大生のコータ(向井理)は友人たちと
楽しい日常を過ごしていたが、何か物足りなく感じていた。
ある日、海外支援のパンフレットに目が止まったコータは、
すぐに知り合い全員に「カンボジアに学校を建てよう!」とメールを送る。
実際に現地へリサーチに行くまでに活動を本格化させるが
、そこには想像以上の現実が待ち構えていて……。
(シネマトゥデイより)

この映画は大学生がカンボジアに小学校を建てたという実話を映画化したもの。
考えさせられます。
確かに学校を建てたからといってその先を考えなくては意味がない。
これからどのように活動していくのか・・・
本当に「僕たちは世界をかえることはできない。」
けれど何かを始めなければ何も変わらない・・・
「世界」じゃなくて「自分自身」さえ。

カンボジアでのドキュメンタリー部分の映像には引き込まれました。
ポルポト政権時の内紛・大量虐殺などの負の遺産について深く触れています。
ガイドのウディーさんの話には号泣・・・

 
ただ・・・そのほかの部分。
中心になる4人がカッコ良過ぎて(柄本クンもいい味出してます)
とくに向井クンが情けなキャラに見えない。。。

次女の意見「こんな風に上手くいく訳ないよ。
もっといろんなことがあったはず。
簡単になり過ぎてる。偽善的に思える。」とのこと。
結構手厳しい。

それでも若い人たちに社会貢献、ボランティアについて
考えてもらうにはとてもいい映画だと思います。


別次元で・・・
チャラい女子大生がたくさん出てきて
来年から大学生になる予定の長女。
あんな風になりませんように・・・


 


No.603 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2011.10.09  映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」


eiga10.jpg   

ストーリー:現代のサンフランシスコ。
高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、
自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。
人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、
人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。
(シネマトゥデイより)

公開初日に観てきました。
今回の映画は猿の惑星シリーズ、エピソードゼロにあたり、
この映画から1968年公開の第一作に繋がっていくとのこと。
なので今回鑑賞後ツタヤに行き、第一作を借りて観ました。
以前に観ていたのですがすっかり忘れていて。
第一作衝撃のラストの真相がこの映画で明かされる、とみても
そのラストを忘れてる~

第一作は43年前ものですが古さを感じずとても面白かった。
ラストも確かに「地球に何が起こったんだろう」という
興味を持たせて終わってます。
さすが今なおSF映画の金字塔として名高い映画!!


第一作は特殊メイクだそうです。
そして今回はCG。
パフォーマンスキャプチャーを進化させた
エモーション・キャプチャーというものらしい。
この技術ってスゴイですね。
本当にリアル。
だってチンパンジーが目で演技するんですよ~
嬉しさ、哀しみ、憎悪・・・
リアル過ぎて怖くて、怖くて、そして切ない。

この映画はどうして猿が知能を持ち
なぜ人間が滅びていったかという
そこに至るまでの過程が描かれています。
あまりにリアルな表情をみていると猿と人間の立場の逆転が
将来的に絵空事ではないような気さえしてきてしまう。
身体能力は動物の方が上なのだから
それに知能が加わったら・・・
人間の傲慢さがそんな時を迎えさせてしまうかも
なんて考えさせられたりして。

エンドロールが始まって少し経ってからまた映像が流れます。
とても大事なシーン。
帰りかけていた皆さま立ち止まって観てました。

なんだか続編が出来そうな終わり方・・・


No.602 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2011.10.06  2011. 8 香港 15 四日目~帰 国~



あっという間に最終日。
デルタ航空のアジア便は朝が早い・・・
朝8時5分発の飛行機だったので5時過ぎにはチェックアウト。
ホテル前よりタクシーにて空港に向かいます。

デルタ航空は香港空港に自社ラウンジを持たないので
カンタス航空のラウンジを案内されました。
確か25番か26番のゲート前のエスカレーターを下りるとラウンジがあります。
DSC05606.jpg 
写真を一枚も撮りませんでした。
冷房のききすぎたラウンジが寒くて寒くて。
席を変えてもやっぱり寒い~!
次女と二人震えあがって温かいお茶を飲むもののやっぱり寒い~!
仕方なくさっさと退散、出発ゲートに移動し、ゲート前の椅子で搭乗を待った次第。

食事は確か二種類から選べたかと・・・
(すでに記憶があいまい。。。)
DSC05617.jpg 
デニッシュがおいしかったです。
パンのお替りは持ってきて下さいますが
朝からはそうそう食べられず。残念。

食事のあとは爆睡タイム。
帰りもフルリクライニング出来る機材でラッキー。
寝不足だし、帰りはゆっくり寝ましょ。
ふわふわ枕がとっても快適でした

あっという間に成田に到着。
帰りもまた楽天カードの特典を使い荷物は宅配便、
スカイライナーに乗って自宅へ帰りました。


やっぱり中二日は短かったです。
もっともっと滞在したかった!

でもどこにも行くつもりのなかった今年の夏。
期限切れ寸前のマイルで偶然とれた
ビジネスクラスの特典航空券。
行けただけでもラッキー。

次女もディズニーで遊べ、嫌いな買い物時間は少なく、
ホテルのプールで遊んだり、
友達と過ごした半日もとても楽しかったみたい。

最後に買ってきたものをちょっとだけ。
ディズニーランドで一目ぼれしちゃったiphoneカバー
DSC05509.jpg 
ジェニーベーカリー のクッキー。
有名なパイナップルロールは品切れでした。
8mixをお土産用、自宅用に。
DSC05512.jpg 
DSC05619.jpg 
ペニンシュラホテルも行き、ブティックでエッグロールを購入。
DSC05517.jpg 
スーツケースに入れ持ち帰ったのですが結構ボロボロに崩れてました。
丁寧に持ち帰らないとダメですね。

Watsons(ワトソンズ)では燕の巣のシートマスク。
DSC05526.jpg 
これを買おうとしたら店員さんに「あと〇HK$でおまけがつきます」と言われて・・・
何ドルだかは忘れてしまったけどあと100円くらいだったかと。
なのでこちらを買ってみました。
DSC05530.jpg
燕の巣シリーズのアイセラム。
まだ使ってないので使用感はわかりませんが
SALEでとてもお安かったです。
おまけは・・・・
DSC05531.jpg 
シャンプー。
使いでがありそうな量。

二週間後にソウル旅行を控えていたので
お買い物はとっても控えめに・・・

これで香港の旅行記は終しまい・・・
香港にはまだまだ食べたいものがたくさん。
また友人にも会いに行きたいし、
絶対また行く、と心に決めております・・・


2011.10.01  2011. 8 香港 14 三日目~BBQ~


ここからはバスに乗って。
せっかくなので二階の最前列に。
DSC05569.jpg 
友人のおうちは20軒ほどの一軒家が立ち並ぶ「ハイツ」で
入口には守衛さんがいてセキュリティもばっちり。
その中にプール
ちゃんと監視員もいるそうです。

屋上からの景色。
香港というよりどこかのリゾート地みたい。
DSC05583.jpg 
屋上でバーベキューをご馳走に。
バーベキューのタレなども売ってないそうで
全部手作り!
 DSC05586.jpg
DSC05591.jpg 
BBQは久しぶり。
みんなで食べるとやっぱりおいしい。
だいぶ暑かったですが・・・

食後は友人とご主人、私はワインを頂きながらお喋り。
子供たちはプールへ向かいました。
さすがにバックに詰め込んだワタシの水着は使いませんでしたよ~(笑)

のんびり食後のコーヒーもいただいて
泊まっていくように言って下さったのですが
明日の朝早いことを考えると・・・

タクシーを呼んでもらい
元朗の駅まで行きホテルに帰りました。

次女もやはり母二人よりも
みんなで一緒にプールに入ったり
遊べたりしたことが楽しかったみたい。


実はご主人病気療養中のため中国から香港に来ています。
そんな状況だったので「来て~」と言ってくれたものの
お邪魔していいのか悩んだのですが
そこには以前と変わらないご主人がいて
友人ともゆっくりお話しが出来て
温かく歓待して下さって本当に感謝です。




RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。