明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.08.29  2011. 8 香港 3 一日目~ディズニーハリウッドホテル~


 香港国際空港に到着。
荷物も優先的に出てくるのであっという間にピックアップ。
ビジネスやっぱりいいですね~
DSC05268.jpg 
5周年の香港ディズニーランド、ティンクがお出迎えしてくれました。

タクシーに乗り、宿泊する「ディズニーハリウッドホテル」へ 。
こちらのホテルは香港ディズニーランドの二つあるオフィシャルホテルのうち
カジュアルでお手頃価格のホテル。
到着が夜遅く、二泊目はホテルを移るので
迷うことなくハリウッドホテルに決定

10時30分到着でその一時間後11時半にはチェックインを済ませ
ホテルの部屋に。
タクシー代はHK$130(スーツケース1個につきHK$5かかるので込みの料金)
  DSC05282.jpg 
部屋は広いとは言えないけれど
ディズニーっぽくてカワイイ。
DSC05272.jpg 
DSC05306.jpg 
上の段の紙コップの中に入っていたもの・・・
DSC05311.jpg 
歯ブラシと綿棒、コットンなど。
DSC05303.jpg 
部屋にセイフティボックスもあります。
DSC05304.jpg 
バスローブはちょっとしょぼかったです

さぁ、荷物を置いたらショップが閉まらないうちに
ワインの買い出しで~す



2011.08.25  2011. 8 香港 2 一日目~デルタ航空~


搭乗後まずはウェルカムシャンパン♪
飲み過ぎないようにしないとね~
母より背の高い娘とは言え、一応子連れですものね
DSC05238.jpg 
DSC05241.jpg 

後ろから見ると座席が独立してます。
DSC05245.jpg 
 
FB_Seat_777seat_150.jpg 
こんな風に180度リクライニングします。
(写真はデルタ航空のHPよりお借りしました)
帰りはリクライニングして爆睡しましたよ~

お食事。
あ、また赤ワインが左に・・・(笑)
DSC05254.jpg 
メインは鶏胸肉のソテーゴルゴンゾーラチーズ詰め
クリーミーマッシュルームソース、マッシュポテトとほうれん草のソテー
二種類から選ぶことが出来ました。

モニターは微妙に遠くて字幕を読む気にならず邦画をチョイス。
小栗旬と長澤まさみの「岳」を観ました。
DSC05249.jpg 
座席もフワフワ枕も快適でもっと乗っていたかったくらいでしたが
定刻通り到着。現地時間22時30分。
ホテルまではタクシーで移動です・・・



2011.08.24  2011. 8 香港1 一日目~出発~


久しぶりの成田発
羽田は近くていいけどやっぱり成田へ向かうと
「旅行に行くんだぁ」とテンションup
荷物は楽天プレミアムカードトラベルコース特典で
前日宅配便で成田へ、身軽に出発。
年に二回無料で宅配便を使えるので
今回往復使いました。

 
日暮里からスカイライナーで行こうと
出発時刻3時間前到着を目安に事前にHPから予約をしておきました。
夏休み中で時間が読めないので早目に。
この予約は後払いで予約列車の所定発車時刻の5分前まで
チケットを購入しなかった場合は、自動キャンセルされるので
とりあえず予約、が出来て便利。

今回はデルタ航空の特典航空券でビジネスクラス。
チェックインも並ばず、あっという間に終了。

事前の座席予約で1-2-1の配列だったため
真ん中のB列C列で指定しておきました。

チェックインの際
「こちらの飛行機は180度完全にリクライニングするタイプのお座席で
真ん中2列ですと背中合わせで全くお顔が見れなくなってしまいます」
とのアドバイスを頂き、通路を挟んでC列D列に変更をしてもらいました。

待つことなく出国を終え、買いたいものもないので
ラウンジ「デルタスカイクラブ」へ直行。

DSC05233.jpg 

入口には素敵なお花が。

DSC05217.jpg 

DSC05231.jpg 

DSC05228.jpg 

スープとお粥。
DSC05225.jpg 

第一弾♪
赤ワイン頂きま~す。
DSC05212.jpg 

第二弾♪
DSC05215.jpg

あっという間に搭乗の時間。



2011.08.17  2011. 8 香港旅行


明日から香港に行ってまいります。

中二日の短い旅。

何度も書いておりますが観光嫌い、買い物嫌い、
食べ物の好き嫌い多し、
暑いと機嫌が悪くなる次女との二人旅。

悩んだ末結構テーマパーク好きな次女のために
半日香港ディズニーランドに行くことにしたのですが
キャラグリはしないそうで。
「きゃ~ミッキー」などとハイテンションには
なりそうにないムスメ。
友達とはまた違うのでしょうけど。
静かにショーとアトラクションを責めてまいります

一日は深セン在住だったのですが
現在事情により香港に引っ越している友人と
共に過ごす予定。
最終日泊まって!とのお言葉を頂いたけれど
お酒大好きな二人(ワタシと彼女)で
以前サイパン旅行に一緒に行って
失敗をしているので
泊まってしまったら飛行機に乗れる自信がない訳で・・・
どうなることやら。

とにかく行って来ま~す

DSC01451.jpg 
(二年前の香港旅行より)



2011.08.15  韓国ドラマ「トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル」


久々に韓国ドラマにどっぷりとはまってしまいましたぁ

BSで一話目を観たとき、「ん、それほどでも・・・」と
観るのをやめてしまったんです。
その後フラメンコ友に
「え?観てないの?超面白いのに~!絶対観て!」との
お言葉を頂いて。

ツタヤでレンタルしちゃったらコレが面白かった~


 物語・・・時代は朝鮮時代。
病弱な弟の代わりに男装して女子禁制の名門校「成均館」に
入学したヒロインと同級生のイケメン3人が繰り広げる、
恋と友情に悩んで笑ってときめく青春ラブストーリー。

今流行りの女の子が男の子のふりをして
男子ばかりのところに飛び込むってヤツですね。

花の4人衆(一人は女の子)が
繰り広げる友情や愛がそれこそトキメキ☆なんですぅ。

songyungan.jpg

主演はJYJのユチョン。
でもワタクシ的には一番左のコロ先輩(ユ・アイン)がツボでございました

レンタルをして韓国ドラマを観るとどっぷりはまってしまって
一日に何話分か観てしまい
頭がずっと「成均館」モード。
終わってしまうとすごーく寂しいんですよね~

この前には「個人の趣向」に見入ってしまってました。

次は何にしようかな。

トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1
(2011/04/22)
ユチョン、パク・ミニョン 他

商品詳細を見る



No.582 / 日々のこと / Comment*4 // PageTop


2011.08.11  ポン・デ ・たこ焼き風


100円期間だったので立ち寄ったミスド。
そこで見つけたコレ



ポンデのもちもちドーナツに
本当にたこ焼きソースと鰹節が
かかってる~
たこ焼きに見せてソースの代わりにチョコかと思ったのに。
やられたぁ

不思議なお味は娘たちに
評判よくなかったけど
見た目はどこから見ても
たこ焼きで楽しい
コレで100円でしたよ~

iPhoneから練習がてら
投稿してみました・・・
No.581 / 日々のこと / Comment*2 // PageTop


2011.08.05  舞台「奥様お尻をどうぞ」@本多劇場


okusama.jpg
「奥様お尻をどうぞ」

下北沢、久々に足を踏み入れてしまいました。
平日だというのに駅前は若者がたくさん。
お芝居のチラシを配っていたり
相変わらず元気な街でした。

ちょっと口に出すのが恥ずかしくなっちゃうようなタイトル。
内容は全く分からなかったのですが
友人がチケットを取ってくれました。

ストーリーは・・・ありません
いやいや一応あるのでしょうがそんなのどうでもよくなっちゃう(笑)
だって座長が古田新太さん
他出演が八嶋智人さん、大倉孝二さん
なんて面白くない訳ないじゃん、って感じです。

はっきり行って訳分かりません。
ただただ笑う、笑う。
古田さんはほとんどパンツ一丁状態
客席にも降りまくるし、観客いじって
最後の最後にタイトルの意味を理解し・・・
二時間半ノンストップ。
あっという間の時間でした。

あまりこういう舞台を観にいったことはなかったのですが
くせになりそう。
「笑う」っていいですよね~

現在ミュージカルチケットが二枚手元にあるのですが
楽しい舞台も観に行きたくなってしまいました。
何にしようかな~

No.580 / 舞台 / Comment*2 // PageTop


2011.08.03  映画「赤い靴:デジタルリマスター・エディション」


eiga7.jpg
「赤い靴:デジタルリマスター・エディション」

この映画はもともと1948年に公開された映画です。
それをマーティン・スコセッシ監督が2年を費やして
デジタルリマスター・エディションとして復活させた不朽の名作。

バレエ映画の金字塔ともいえるこの作品、
大好きなバレエ漫画「アラベスク」にも「SWAN」にも
この映画のことが出てきます。
なので子供のころから気になっていて・・・

映像が修復された「赤い靴」を映画館で上映していると知ったとき
うれしくて、うれしくて。
関内にある映画館「シネマ・ジャック&ベティ」
観に行ってきました。

アンデルセン童話「赤い靴」をベースに綴られる、
バレエダンサーの悲劇。

ストーリー:世界一のプリマを夢見るヴィクトリアは、
バレエ団主宰者レルモントフに見出され新作「赤い靴」の主役に抜擢。
公演は成功し、作曲家クラスターとの恋も実らせ結婚を誓う。
しかし、彼女に踊り続けることだけを強いるレルモントフ。
両立は不可能だ、不確かな人間の愛に頼るダンサーは
決して芸術家にはなれないと、
ヴィッキーに言い放つ。彼女は苦しみ、そして悲しい結末へ・・・。
(オフィシャルサイトより)

途中20分近くに及ぶ「赤い靴」の舞台シーンがあるのですが
それがもう圧巻。
幻想的でヴィクトリア(モイラ・シアラー)の踊りが素晴らしい。
靴屋を演じているレオニード・マシンも個性的でこのバレエシーンを
魅惑的なものにしてくれている。
モイラ・シアラーは本物のバレリーナ。
すごく可愛くて魅力的。

映画の中に「白鳥の湖」や「コッぺリア」「レ・シルフィード」など
古典バレエシーンがちりばめられている。
バレエ好きにはそれがとても楽しい。


何よりも子供のころから気になっていた映画を
映画館で観ることが出来てとても満足です。


修復は映画全体をデジタル信号化して修復したあと、
再びフィルム作品に戻した、と書いてあります。
何だかよく分からないけど全く古ぼけていない色彩を
観ることが出来てデジタルリマスター万歳な気分です!


eiga8.jpg

No.579 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2011.08.01  映画「復讐捜査線」



eiga6.jpg

復讐捜査線


メル・ギブソンが、『サイン』以来およそ9年ぶりに主演を果たしたアクション・サスペンス。
ストーリー:ある日、ボストン警察殺人課に勤務するトーマス(メル・ギブソン)の
自宅の玄関先で、彼の娘が射殺されるという悲劇が起きる。
腕利きの刑事である彼は自ら捜査に乗り出し、
やがて娘が勤めていた軍事企業に絡む巨大な陰謀にたどり着く。
自分の目の前で最愛の娘の命を奪われたトーマスは、
度重なる捜査妨害や命の危険も顧みず突き進み……。
(Yohoo!映画より)

久々に見るメル・ギブソンはだいぶ歳をとってしまい、
顔にも深い皺が刻まれていたけれど
それがまた渋みを増して、刑事役が似合う~
カッコいい!

よくある復讐劇と言ってしまえばそれまでなんですけど
ラストが「正義は勝つ!」的な綺麗ごとでは
終わらないところがなかなか。

愛する娘を失った父親の辛さや悲しみがひしひしと
伝わってきて胸が痛くなりました。

レビューを見てみると邦題に問題ありと(笑)
確かに言われてみれば一昔前のような題名ですね。
でも分かりやすくて結構嫌いじゃないかも。。。


No.578 / 映画 / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。