FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.07.19  夏休み


すっかりご無沙汰している間に一学期も終わり、
いよいよ来週から夏休み突入。
長女、次女とも終業式を残すのみとなりました。

受験生の暑い夏・・・とは言うものの
大学受験は親が出る幕ありませんよね。
毎日の予備校通いになる予定。
本人の希望でAO、指定校、公募推薦は出願せず、
一般入試で行くそうです。
茨の道を選びましたね(笑)

次女も椎間板ヘルニアに泣いた昨年とは違い
部活で学校へ行きますし、
3泊4日の合宿もあります。
補習も通う予定。

夏休みといえども慌ただしい毎日です・・・

予定としては8月旦那が帰ってから
次女と二人3泊4日の香港旅行に旅立ちます。
受験生のお姉ちゃん、ごめんね~

今年は我慢!と思っていたのだけど
1月中旬頃デルタのマイルの期限が切れそうなことに気づいて。
ノースウェスト航空のときは期限はなかったのだけど
デルタ航空と統合してから確か最後に動いてから3年となったような。
(特典を予約後すぐにまた無期限に戻りました)

長女を残していくので短期間で行けるところを中心に
空席を検索。
シンガポールを狙っていたのですがいい日程、低レベルは満席。
いろいろ検索していると、香港行きのビジネスクラスが
往復一人40,000マイルで、 空いてるじゃないですか~ 
(現在は低レベルで往復45000マイルになったようです)
ラッキー♪
そこしか空いていなかったので自動的に3泊4日。
デルタ航空は夜遅く到着、早朝出発なので
本当に中二日しか遊べません。

友人が中国の深センに住んでいて香港までは日帰り距離らしい。
会いましょ~と言ってくれています。
会えるといいな。

3年前の香港旅行は台風で一泊延泊しました。
今回はそんなことがありませんように・・・

8月の香港の蒸し暑さは経験済み。
ホテルのプールでのんびりもいいかな。

香港から帰ってきてから2週間もしないうちに
次は姉と二人で週末ソウルへ。

香港とソウル、予定を立てなくっちゃ。
この時間がまた楽しいのですよね~





No.577 / おでかけ / Comment*2 // PageTop


2011.07.08  マウイ島


昨年「仕事も忙しいし、コレが最後になるかもしれない・・・」と
10日間のウィンドサーフィン合宿に友人二人と旅立った旦那。
13年ぶりのマウイ島はとっても楽しかった様子。

DSC_0590.jpg

DSC_0620.jpg 

DSC_0610.jpg 

DSC_0631.jpg 

DSC_0601.jpg 


DSC_0647.jpg 
DSC_0672.jpg 

DSC_0675.jpg 
ハレアカラ火山の朝日。
素晴らしく壮大で人生観変わっちゃうよね。
昔一緒に見た記憶が・・・

同行者は年に数回マウイ島に通っているらしい。
なので島在住の友人たちと毎日宴会三昧だったとのこと。
そりゃ~楽しいよね。




そして・・・・・・・・今年は16日間だって!
去年最後じゃなかったの~? (笑)
今年は入れ替わり5名になるらしい。

ウィンドサーフィン上手になって帰ってきてね~


No.576 / 日々のこと / Comment*2 // PageTop


2011.07.07  映画「SUPER 8/スーパーエイト」


eiga5.jpg 
SUPER 8/スーパーエイト
先週末観に行ってきました。

 1979年、アメリカ・オハイオ州。
8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、
貨物列車の衝突事故が発生。
貨物列車は空軍施設・エリア51からある場所へと
研究素材を極秘に移送中だった。
アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、
事故の一部始終が記録されていたが……。
(YAHOO!映画より)

スティーヴン・スピルバーグ製作、
監督は「LOST」のJ・J・エイブラムス。

1979年、今から30年以上前。
ちょっと古ぼけた、というかノスタルジックな雰囲気の映像。
映画の子供たちと世代がかぶるの。
懐かしいような。

レビューを見るとあまり評判良くない。
でも私は結構楽しめました。
ストーリーにハテナ?な部分が多かったり、
地球外生命体が出てきたときには
ちょっと引いちゃったけど、
展開が早くて「何が起こるんだろう?」と
ドキドキさせてもらったし、
何より主軸になる主人公たちの冒険や青春が
なんとも輝かしい。
子供たちのキャラが起っていてみんなカワイイ。
紅一点のアリス(エル・ファニング)が超キュート

「スーパー8」というのは彼らが撮影に使用している
フィルムの名前とのこと。

エンドロールがとてもよかった。
すべてがそこに凝縮されていた。
あのエンドロールのために本編があったみたい。

SF映画と観るとツッコミどころが多いですが
古き良き時代のどこか懐かしい映画。
年代によっても感じ方が違うのかな。

「E・T」や「未知との遭遇」を思い出し
「スピルバーグ万歳」な気分になりました・・・


No.575 / 映画 / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。