FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.26  映画「恋とニュースのつくり方」


「ヒアアフター」とどちらを観るか悩んで・・・
近頃ちょっと嫌なことが続き、滅入っていたので
考えずに楽しめそうな「恋とニュースのつくり方」にしました。
「ヒアアフター」はちょっと重そうなので別の機会に。

eiga3.jpg  

テレビ業界を舞台に低視聴率番組を立て直すために
プロデューサーとして雇われた主人公の女性が
気難しいMCに振り回されつつ恋に仕事にと奮闘し
最後はハッピーエンドのラブ&サクセスストーリー。

とっても楽しくて元気の出る映画でしたよ?
軽すぎる、と言っちゃえばそれまでだけど
主人公のベッキー(レイチェル・マクアダムス)がカワイイし
最後は誰が考えてもそうなるだろ?というような
すっきりとしたハッピーエンドで。
やっぱりハッピーエンド好きだな?

共演陣がハリソン・フォード、ダイアン・キートンというのもスゴイ。
このお二人のバトルが笑わせてくれました。

どちらかと言うと恋のつくり方はさらっと
仕事に頑張る女の子の頑張れば夢は叶う
という王道ストーリー。

頭をからっぽにして楽しんで
最後に元気をもらえる映画でした。
落ち込んでいる時にみたから余計そう感じたのかな?



No.540 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2011.02.23  Seoul 2010.12 二日目①ホテルで朝食&雪景色


メトロホテルはビュッフェの朝食付き。
ソウルはおいしいものがたくさんなので
ホテルで食べなくても、ですが
こちらの丸いパン(ケチャルパンというそうです) が
おいいしいとの評判なので行ってみました。
これが・・・おいしいぃぃぃ?
ケチャルパンというのは「胡麻のモチモチパン」という意味らしく
ネーミングの通り、外はサクサク、中はモチモチ。
もちろんお替りして頂いちゃいました。

DSC04813.jpg 

パンとボイルドエッグとヨーグルトとコーヒー
野菜がない?
ってちゃんとサラダもありました。 
他にもシリアルやジュースなどなど。
それから(調べてみたら期間限定のようですが)
紙袋に入れたロティボーイを一人ひとつ頂けました。
コレは知らなかったのでラッキー

お腹が一杯になったところでロッテ免税店に。
メトロホテルからは歩いてすぐソコです。
出発は10時頃だったかな。

外へ出たときは雪降ってはいなかったけれど
夜中にたくさん降ったみたいで昨日とは違った雪景色。
見るからに寒そ。

DSC04818.jpg 

ロッテ百貨店の前はやっぱりまだクリスマス
カワイイ

DSC04819.jpg 

DSC04821.jpg 

DSC04822.jpg 

サンタさんもいましたよ?

DSC04824.jpg 

ロッテ百貨店1階からStar Avenueを通って免税店の直通エレベーターで向います。

DSC04825.jpg 

なぜかこの方の写真を撮っておりました・・・

DSC04827.jpg 

Rain(ピ)さまの写真。
別にファンという訳ではありません・・・
でもなぜかコチラの写真も

DSC04828.jpg 

隠れファン? (笑)

No.539 / 2010.12 Seoul / Comment*2 // PageTop


2011.02.21  映画「ソーシャル・ネットワーク」


世界最大のSNSサイトであるFacebook創始者の
マーク・ザッカーバーグらを
描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」を観て来ました。

eiga_20110220174410.jpg 

2011米アカデミー賞で作品賞他8部門でノミネートされているし
レビューなどでもすごく評判がよかったので期待大。

Facebookの立ち上げからどのようにして軌道に乗っていったのか
どのように成長し続けてきたのか
その途中での恨みや嫉妬など人間関係も交えて描かれている。

期待しすぎっちゃたのかな。
この主人公に共感出来る部分がひとつもなく、
ふ?ん、という二時間。

思うに・・・これは男の人が見て共感する映画ではないのかな。
IT関係やベンチャービジネスに携わる方々なんかには
興味深いだろうし
収益を出すために広告を出すことに「クールじゃない」なんて
言ってみたくなっちゃうようなひとことだと・・・
若くして成功した物語なのだから憧れるよね、きっと。

主人公であるFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグは
映画の中でとってもネガティブイメージ。
冒頭の彼女との会話なんて信じられないよ?
女の人には反感かいそう。

本当に評判の良い映画なので感じ方って人それぞれだなと
あらためて感じた作品でした。
No.538 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2011.02.20  Seoul 2010.12 一日目⑥ケレスタスパワールド


ホテルで一休みして向かった先は・・・「ケレスタスパワールド
お風呂やサウナ、休憩所などがあるチムジルパン。
よく韓国ドラマに出てくる?
一度行ってみたかったのー

ホテルからは地下鉄で。
スパワールドは「ケレスタ」というファッションビルの12階。
そのケレスタのビル前に・・・
こんな遊具が。
「DISCO JUMP」というアトラクションらしい。
すでに時間は夜9時半。
地面には雪がちらほら積ってて。
気温は多分・・・マイナス?
韓国の若者お元気ですね?
すごく楽しそうでしたよん。

DSC04778_20110217000502.jpg  

こちらのビル裏のエレベーターで12階へ。

DSC04780_20110217000535.jpg  


(中は写真をとりにくかったのででこれから先の写真はコネクトさんからお借りしました)

ceresytar11.jpg  

   cerester06.jpg  ceresytar12.jpg  

       cerester05.jpg  

cerester03.jpg  ceresytar02.jpg

アカスリは中でお願いすることが出来ます。
この日は平日だったせいかとってもすいていました。
ちょっと寂しいくらい・・・

ビルの12階で大きな窓から見る夜景がとっても素敵。
足を延ばせるお風呂にチムジルパンにアカスリ。
のんびりとした時間を過ごせました。

帰る途中でまたクリスマスツリー

DSC04801_20110217000533.jpg 

お風呂上がりで本当はタクシーで帰りたかったのだけど
空港からホテルまで乗った日本語の上手なタクシーの運転手さんに
「東大門のタクシー悪い運転手いっぱいよ?」
と言われてしまって。
ボッタクリタクシーがたくさんいるそうです、
考えられない値段を提示されるらしい。
そんなことを聞いてしまったので怖くて・・・
地下鉄で帰りました。

ホテルではまた一人マッコリ。
長い一日の終わり・・・


No.537 / 2010.12 Seoul / Comment*0 // PageTop


2011.02.17  Seoul 2010.12 一日目⑤明洞スンドゥブ


 ホテルにコスメの大袋を置きに戻り、
そそくさと夕飯に向かいました。
この日は夕飯のあとにも行きたいところがあったのー。

メトロホテルの隣にある「明洞スンドゥブ
こちらもとても有名なお店。
メニューも日本語表記があるので安心。
それほどお腹がすいていなかったので
豚肉(デジコギ)スンドゥブとチヂミを一つずつ頼みました。
こちらのスンドゥブすごく辛いと聞いていたので、
「メプチアンケヘジュセヨ?(あまり辛くしないで下さい)」と
「旅の指差し会話帳」を本当に指差してお願いしました。
辛いものが苦手な訳ではないのですが
あまり辛いのはちょっと怖い・・・

DSC04749_20110217000505.jpg 

ご飯は石の器ででてくるんですよ?
ちょっと固めでもちもち。

DSC04750_20110217000505.jpg 

左端の器に入ったナムルにご飯とスンドゥブを入れて混ぜ混ぜ。
ビビンバの出来あがり。
これがおいしい?
スンドゥブの量により辛さも調節出来るし。

DSC04754_20110217000503.jpg 

チゲはあまり辛くしないで、と言ってはみたけどそれでもやっぱり辛い。
そんな時はテーブルの上にあるこの生玉子を投入。
辛さが和らぎます。
ニワトリの玉子入れって・・・素敵すぎ。

DSC04751_20110217000504.jpg 

パンチャン(おかず)はこんな感じ。
実はトッポキ初めて食べました。
甘辛でおもちの食感がくせになる?

DSC04753_20110217000503.jpg 

チヂミ。
こちらはあまり記憶に残ってないので普通だったのかなぁ。 

こんな感じで気楽に食べれれるし、おひとりさまOKのお店なので
もし念願かなって一人旅の際には再訪したいお店です。

次女の希望でとりあえず隣のホテルに戻って一休み。
その後次の予定に。




No.536 / 2010.12 Seoul / Comment*4 // PageTop


2011.02.14  Seoul 2010.12 一日目④ロティボーイと「SEOULTBC」


ロッテマートでお買い物をした後、
どこかのカフェでお茶しようと思っていたのですが
次女が「何か買って部屋で食べよ?」と。
疲れちゃったのかな。
・・・仕方ないか。

それでは、と前回頂いておいしくて感動した
「ロティボーイ」を買って行くことに。
DSC04741.jpg 
外はサクサク、中はフワッとやっぱりおいしい?
部屋でのんびりおやつも落ち着いて悪くないね。

次の予定は18時。
エステの予約を入れてあります。
短い旅程、その前に明洞の街をふらふらし
コスメを購入しなくては。
今回もしっかりメモしてきました。
購入したものはまた後日upしたいと思います。

DSC04745.jpg  

クリスマスは終わってしまっていたけれど
街のいたるところにまだツリーが。
華やかでうれしぃ?

エステは「SEOUL TBC
エステテックのTBCとは何の関係もありません。
トータルボディケアの略だそうです。

コチラのお店を選んだのは・・・
2010年11月にオープンしたばかりで、
特別価格としてすべてのコースが50%offだったこと。
新しいお店だと手抜きなく一生懸命施術してくれるかなと
思ったこと。(スタッフは経験豊かと記載がありました)
最後に次女が受けられそうなメニューがあったこと。

明洞駅から近い「TEARS」(コスメショップ)のビルの5階。
入口は雑居ビルという感じで「ホントにココ?」でした。
エレベーターで上がると・・・

DSC04748.jpg 

間違ってなかった、とホッ。
ビルはちょっと・・・でしたがTBCは新しくて綺麗。

予約したのはフェイシャルでしたが受付をして下さった社長さんの勧めで
足マッサージもお願いしました。
行く時間がないと思い今回はあきらめようと思っていたのですが
顔のパックのときに足のマッサージをして下さるとのことで。
次女との終了時間とほとんど変わりませんでした。
二人でW130000(≒9,655円)!

社長さんはとても親切で楽しい方でしたし
フェイシャルもとても丁寧。
強いて言えば更衣室とメークするところが狭かったな?
最後にお茶を頂き、優しい社長さんにお別れを言い、
ホテルに戻りました。


No.535 / 2010.12 Seoul / Comment*0 // PageTop


2011.02.12  映画「ザ・タウン」


ザ・タウン」を観てきました。

town.jpg 

銀行強盗や現金輸送車を襲う悪人が、女性との恋の目覚めから
自分の生き方を変えていこうともがく男を描いた映画。

全米一、銀行強盗発生率の高い街であるボストン郊外のチャールズタウン。
悪の連鎖が断ち切れず、銀行強盗が親から子へと引き継がれる。
そんな環境に決別するのはそう簡単なことではない・・・

冒頭の強盗シーンから始まり、何度かアクションシーンがあり、
迫力はありますが(かぶってる覆面が怖いよぉ)
これはやっぱり恋愛映画ですね?

クレア役のレベッカ・ホールが素敵。
すごい美人ってわけではないし、銀行の支店長という役柄から
地味な雰囲気なんだけど可愛くて、色気もあって。

ちょっとしたセリフがあとでの伏線になっていたり、
母親の死の真相などもそういうことだったんだぁ、など
とても考えられた映画だと思います。
俳優陣もとても上手で。

ただ・・・
ラストが賛否がわかれるところかと。
ワタシは駄目でした。納得いかないなぁ。
これってアリ?的な。

この作品アメリカでとてもヒットしているそうな。
これがアメリカの現実?
そういう意味では考えさせられる作品ですね。


No.534 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2011.02.08  Seoul 2010.12 一日目③明洞餃子とロッテマート


次女は機内食が大嫌い。
独特の匂いが嫌だそうで今回もほとんど手をつけませんでした。
なのでお腹がすいているだろうとまずはお昼ご飯。

前回行こうと思っていて行列であきらめてしまった「明洞餃子」へ。
どのガイドブックにも載っている超有名店。
夏に次女と一緒に観た韓ドラ「美男<イケメン>ですね」にも
出てきていたのでこれはやっぱり行かなきゃ?

この時も行列。
2階の列が一階入り口まで伸びていて、
長時間待つのを覚悟したけれど10分程で案内。
回転が早い!
注文したのは・・・

DSC04735.jpg 

カルグッスと・・・

DSC04736.jpg 

マンドゥ。

このマンドゥがとってもおいしかった!!!
次女と絶賛。あっという間に完食。
注文したのはひとつずつだったのですが
どちらもボリュームがあって、カルグッスは食べきれませんでした。
ごめんなさい・・・

その後明洞駅から地下鉄にのり、ロッテマートへ。

DSC04740.jpg  
雪降ってまーす
ちょっと見づらいかな。この日はぱらぱら。

この時期のソウルはマイナスの世界、極寒と聞いていました。
二日目は結構な雪。
でも覚悟して行ったせいか思ったほど寒さは感じませんでした。
もともと寒さに強いと思うので一般的には分かりません。
普段は絶対着ない、ヒートテックの七分袖シャツを一枚来て、
ハイネックのセーターにダウン。
持って行ったホッカイロは全く使わず。(靴用も買ったのに)
手袋も使わず。
寒かったら屋台で買おうを思っていた帽子も結局買わず。
風が冷たく顔が痛かったくらい。
ワタシ冬のソウル大丈夫みたいです

ソウルマートでは韓国のりやお菓子などを購入、
ほとんどのものはEMSにて自宅に送りました。

その日夜飲む分のマッコリとおつまみは
もちろん持ち帰りしましたよ?
DSC04810.jpg 

あ、写真!と思ったときにはすでに半分以上なくなってました・・・

No.533 / 2010.12 Seoul / Comment*2 // PageTop


2011.02.03  Seoul 2010.12 一日目② メトロホテル


今回の宿は明洞の「メトロホテル
明洞のとっても便利な場所にあり、口コミも良く、
何よりお手頃価格
アートメイクのときは次女にホテルでお留守番をしてもらうため
お店に近いホテルを探しました。
こちらのホテルすごく評判が良くて、予約が取りづらいとのこと。
ツインルームよりソファーなど置いてある 少し広めの
デラックスルームを希望。
いくつかのサイトでデラックスルームは満室と出ていました。
その中でアップルワールドだけ空室あり。
価格も納得出来るものだったのでクリック。
あきらめないで探してみるとあるものなんですね?

予約をして決済の前にあるクーポンサイトに
アップルワールド10,000円分クーポンが5000円で!
というクーポンが出たんですよ?
ただでさえお手頃価格なのにここでまた5000円引き!
ラッキー



ホテル到着は12時半頃。
チェックインは14時だったのでまだ部屋には入れないかなと
思っていたのですがチェックイン出来きてほっ。
フロントは女性ばかりで日本語もばっちり。

DSC04891.jpg 

部屋にはシングルベッドとダブルベッド。
ソファーにテレビ。

DSC04725.jpg 

DSC04727.jpg 

到着してこのソファーにまったりしかかったのですが
いけない、いけない。
短い滞在なのだから行動しなくては、と
明洞の街に繰り出しました。

No.532 / 2010.12 Seoul / Comment*4 // PageTop


2011.02.01  Seoul 2010.12 一日目① 出発


10月に新しくなった羽田空港国際線ターミナル。
まずは羽田まで何で行くか悩みました。
朝8:55発。バス?車?電車?
新しくなった駐車場の混雑状況がよく分からない。
こちらから予約も出来るのだけど
調べたときにはもう予約は一杯。
仕方ないので空港駐車場に電話し、聞いてみると
「今まで満車になったことはありませんが
今回初めての年末。何とも言えません。」と。
もし国際線駐車場が駐車出来ない場合は、
他の国内線駐車場に停め、そこからターミナル間のバスを使い
移動すれば良いとのこと。
帰りの便が21:55着なのでバスでの帰宅は大変そう。
駐車料金は3日で4500円。
これならやっぱり車の方が、と決定。

国際線駐車場に停められないことを考え、早めに自宅を出発。
国際線駐車場は分かりやすい表示もあり、迷うことなく駐車。
朝早かったためかガラガラ。悩む必要なかったぁ。

DSC04721.jpg 

アシアナ航空のチケットでしたが往きはANAとの共同運航。
無事チェックインし、とりあえず新しいターミナルを散策。
江戸小路ってよくテレビに見たよね?と行ってみるも・・・

DSC04720.jpg 

まだお店やってるわけないよね・・・寂しい。
展望台に行ってみました。

DSC04718.jpg 

DSC04715.jpg 


早朝の爽やかな風が気持いい?

ANAで金浦空港に向かいます。
2時間半の短い旅。

DSC04722.jpg 

金浦空港に到着すると道路にはうっすら雪が・・・

前回は楽天のシャトルで明洞に向かいましたが今回はタクシーで。
リムジンバスで行くつもりでしたが行ってしまったばかり。
待っているのも寒そうなのでタクシーで向いました。
28,000W(≒2050円)也。


No.531 / 2010.12 Seoul / Comment*2 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。