FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.26  映画「誰も守ってくれない」


          330419view001.jpg
冒頭スローモーションから始まり、静かな曲が流れる。
そしてそのまま事件の渦中へ・・・
ここですっかり映画の世界へ入り込んでしまいました。

ドラマというより、ドキュメンタリーのような。
救いようのない事柄、容赦ない攻撃が次から次へと描かれていくのですよ。

この映画予告編を見るだけで何故かウルウル
なので映画を観たら号泣かな、と思っていたけど
泣くことも忘れ、映画に没頭。

暗くて重いテーマ。
容疑者の家族を追い詰めていくのは「マスコミ」や「ネット上での普通の人たち」
特にネットの恐ろしさを痛感した。
確かに私自身以前少年犯罪の犯人の顔写真を
どこかの掲示板で見たことがある。
偶然見つけてしまった。
映画の中では犯人の住所や家族についてまで書き込まれて。
「酷い!」と思うけれどコレはきっと事実としてあることなんでしょう。

ただ単純に容疑者の家族にも人権がある!酷い!と思えないのは
やはりそこには被害者と被害者の家族が存在するわけで。

そんな様々な視点をあまりドラマチックにならず、淡々と進んで行く。
ラストは感動的!という感じではないけれど絶望から
ほんの少しだけ光が見えてきたような。
少し救われました・・・

すごく考えさせられて、辛くて、胸を打つ映画でした。
是非スクリーンで見て下さいませ!
No.318 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2009.01.15  映画「WALL・E/ウォーリー」


小学5年の次女が受験塾に通っている。
週5回通塾、冬休みも朝から夕方までお勉強
近頃の小学生って大変なのね?
娘たちの学校は高校まであって希望すればほぼ進学できる。
長女はそのまま上がったんだけど、次女は受験するか悩み中。
なので一応お勉強!

それで近頃遠出が出来ない・・・
短時間で行ける映画ばかり。
塾がない日も宿題あるし。
あー旅に出たい!!

        329124view005.jpg
連休中の日曜日は「ウォーリー」。
公開してから日数がたっているのに映画館はほぼ満席。
おチビちゃんがたくさん。

現在地球が抱える環境の問題を考えるとメーセージ性が強い映画なんだけど
そんなことより、何よりウォーりーとイヴちゃんがかわいくて。
ウォーリーの一途さとイヴちゃんの変化がナントも言えない。
宇宙でのデートの場面もほのぼの。

とは言うものの寝不足もあってセリフがない前半居眠りしちゃった
宇宙に飛び出てやっと目が覚めた
なので後半から観た感じ?
映画館で寝てしまうとは。
次女に「せっかく映画館に来てるのにもったいない」と叱られた。

人間が利便さを追求すると身体を動かさなくなり、メタボになるんだな?
気をつけなくちゃ。。。

No.316 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2009.01.13  映画「感染列島」


          photo_l_23.jpg

久々の試写会@よみうりホール
「感染ものでしょ?グロそうで嫌」という次女を
無理矢理連れて有楽町に向かう。

ちょっとグロい場面あったかな?
そこはやっぱりウィルスものなので仕方ない。
映画に現実味はないんだけれど
館内で咳をする人がいたりするとドキっと。
もしココでウィルスが・・・なんて

前置きはほとんどなく、突然物語に引き込まれさせられる。
無理矢理な展開も結構あったけど、なかなか面白かった。
ネットでの前評判はあまりよくないみたいだけど。

ラストでは隣の男性が大泣きしていて次女がびっくり。


妻夫木聡と檀れいがどうも似合わない・・・そう思うのは私だけ?

そして何故にカンニングの竹山?

といくつか並べてしまいましたがあっという間の2時間18分。
やっぱり人より一足お先に観られる試写会はうれしいな?


No.314 / 映画 / Comment*2 // PageTop


2009.01.09  終った・・・


一昨日義父の葬儀を無事終えることが出来ました。
疲れた?

義母から譲り受けた喪服を着て二日間。
着物ってやっぱり苦しい・・・
キモチは引き締まるけど。
喪主の妻としては働かなくてはいけないのだろうけど
親戚の顔もよく分からないし、不祝儀わからないことだらけで
ずっとおろおろしていたよー

最期のお別れのときは孫達がみんな大泣き。
実はワタシも涙腺弱くて・・・

霊柩車で出発のときには戦友たちが「同期の桜」を大声で歌ってのお別れ。
義父は戦時中少年飛行兵で特攻隊だった。
南方で戦っていて訳あって引き返したところで終戦を迎えたらしい。
お腹に大きな傷があるとも聞いた。
なんか映画の世界みたい。

本当に疲れた7日間。
そして冬休みも終ってしまった・・・
No.313 / 日々のこと / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。