明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.28  映画「ハッピーフライト」


              330569view002.jpg
連休中に次女と。
コレ観たかったのは次女じゃなくてワタシ
なかなか飛行機乗れないから少しでも乗っている気分になれるかなぁ、と


中心になるのは操縦士とキャピンアテンダントなんだけど
その他の空港で働いているグランドスタッフや管制官、整備士、
バードパトロールなどなどいろんな職種の人たちが出てきて興味深い。
あ?こんな決まりがあるんだ、とかこういう手順でやっていたのね、などミニ知識みたいな。

後半はアクシデントがあったりして、なかなか展開が早く飽きさせない。
笑いところも満載。

登場人物それぞれ個性的ですごく面白い。
なかでもグランドホステスの田畑智子さんが光ってた。
空港を走り回る姿が板についてて。
ニコっと満面の笑みで手を振りながら、キツイ一言。
大笑い

綾瀬はるかちゃんはもちろんカワイイ。
「白夜行」のときは好きではなかったけど「ホタルノヒカリ」で好きになった。
天然キャラ似合う

キャビンアテンダントも活躍していたので次女に「将来キャビンアテンダントは?」と聞くと
「飛行機怖いから嫌!ナイナイ!」と母の希望は撃沈・・・
つまんないのー。
No.301 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2008.11.21  冬休み旅行計画


あと一ヶ月で冬休み。
長女も次女も塾の冬期講習予定が結構入ってる。
でも・・・やっぱりどこかへ行きたいよね?

ということで今年は再びユニバーサルスタジオに行くことに
前回システム調整でジョーズ乗れなかったし、心残りがいくつかあるし。

現在日程の調整中。
娘と3人ならすぐ決められるのだけど旦那も休めれば一緒に、
と言ってくれているので。

とりあえずUSJの入場割引券だけゲットしたけど
まだツアーとかに空きがあるのかな。
気が早すぎた?
No.300 / 国内旅行 / Comment*0 // PageTop


2008.11.14  映画「イーグル・アイ」


            イーグルアイ

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。
D・J・カルーソー 監督が「ジェットコースターのような展開です」と
言っていたので久しぶりにそんな映画が観たくなって。

本当にめまぐるしい展開。
冒頭は意味がわからないし、その後も「ひぇ?ついて行けない」ような
カーアクションの連続。
それでも瞬きしてる間に訳分からなくなっちゃいそうで飽きることもなく必死で鑑賞。
もともとこういうハラハラドキドキもの好きなので。

映画半分くらいで電話の声の正体が分かってしまうのだけど
そこからちょっとテンション下がっちゃたな?
ん、そうかぁ、そうくるのか・・・て感じだし、ちょっと無理ない?て場面も出てくるし。

ただ最後はハッピーエンド。
これはいいんじゃない?
生きててくれてよかったな

No.299 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2008.11.11  映画「レッドクリフ Part?」


え?そこで終っちゃうの・・・という感じのPart?・・・
次は2009年4月と言われても内容を忘れてしまいそう。
ただでさえ物忘れ激しいのに
一話完結ではなくホントの「続く」。
でもそのPart?を心待ちしちゃうくらい面白かった。
2時間半の上映時間、長いな?と思っていたのにあっという間。

言うまでもなく三国志など記憶から全く抜けており、
歴史的背景を理解していなくては楽しめないだろう、と観に行く予定もしていなかった。
珍しく旦那の誘いで、まぁ行ってみるか?と。

ご丁寧にも冒頭に日本語で細かな解説があり、
映画の中でも登場人物の名前が「もういいよ?」というくらい何度もスクリーンに表れる。
おかげでどうにか背景を理解することが出来、映画に没頭。

出演陣は葛亮孔明を演じる金城武周瑜を演じるトニー・レオンって感じ。
金城武今まであまり好きではなかったけどこの役いいんじゃない?
ちょび髭といつも手にしている扇がなかなか板についてた。

絶世の美女という周瑜の妻・小喬役のリン・チーリン。
確かに美人だけどこの人が出るとき、とくに手のアップのときなど、やけに色っぽ過ぎて。
ちょっとくどいかも。

孫権の妹 尚香を演じたヴィッキー・チャオがすごく可愛かった。
オテンバで男勝りで、機知に富んでいて。
魅力的。
Part?でも重要な役柄になりそう。

戦闘シーンは血しぶき満載だけど迫力があって目が離せなかったし、
珍しくこの映画を観たいと言ってくれた旦那に感謝かな。

来年4月も一緒に観に行くことにしましょ。


No.298 / 映画 / Comment*4 // PageTop


2008.11.04  映画「ハンサム☆スーツ」


1日土曜日は姉が泊りに。
毎度のことながら夜中まで・・・この日は2時半までお喋り。
4学年違いの姉、昔は喧嘩ばかりだったけど近頃はいろんなことをお喋り出来る大事な肉親。
すでに両親いないしね?

そして日曜日姉と次女と3人で「ハンサム☆スーツ」を観に。
人間顔じゃないよ、中身だよ小さな幸せが大事なんだよ
なんていう絵に描いたようなベタな物語。
展開も分かっちゃいるけど頭を空っぽにして心から笑えるストーリー。
見かけが谷原章介さん、中身が塚地さんという設定の谷原さんが最高。
そのギャップが良い、良い。

豪華?な出演陣も楽しかった。
チョイ出でいろんな方々が出演。
温水さんの場面では映画館中大爆笑。

ギャグが古い!という設定で出てくるギャグ、案の定次女は全く理解出来なかった様子。
確かに「コマネチ!」なんて言われてもね。
ハンサム☆スーツのキャラもキモい、そうで。
挿入歌も含め、懐かしさ満載。
それでも次女は山本裕典くんファンなので楽しめたかななかなか憎めないキャラ

たまにはこういう何も考えずに笑える映画も楽しいなー

No.296 / 映画 / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。