明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.29  岩盤浴


遅ればせながら生まれて初めて岩盤浴に行ってきました。
蒲田にあるロッシュというお店。
雑居ビルの6階。
ビルだけみるとちょっと・・・なんだけど(ま、そこは蒲田なので)
入ってしまえば、それはそれで。

友人の紹介だったので入会金はいらず、
80分2,300円のお支払いを。
おしぼりを渡され、「衛生上」足を拭くように言われた。
次にバスタオルを二枚とフェースタオル、ピンクのサムエを渡され、
ロッカールームへ。
その後約15分横になり、休憩室で水分補給、また横になり・・・を
時間の許す限り、何回か繰り返す。

実はサウナが苦手。
だからちょっと不安だった。
でもむっとくるような息苦しさは全くなかった。
逆に始めあまり汗が出なくてこんなもの?と思っていたら
だんだん汗がしたたり落ちるように・・・

80分以内にロッカーの鍵を返すシステム。
その後はメークをしたり、ハーブ・ティーをご馳走になったり。
今日は「ジャスミン・ティー」
(日替わりのようです)

利用後2時間はシャワーやお風呂は控えた方が効果が高まるとの事。
シャワーの設備は一応ありますが。
汗がさらっとしていてシャワー浴びなくても気持ち悪くなかった。
なんか身体の中から毒素が抜けてくれたようで。
運動をしてかく汗ともまた違った感じ。
体重は測らなかったけど痩身にもいいのかな?
また行こうっと

No.52 / おでかけ / Comment*0 // PageTop


2006.09.27  宝塚「ファントム」


の中観に行ってきました。
7月の「ベルばら」に続き、今年2回目の宝塚。

今回は宝塚ファンの友人と一緒に。
「ファントム」まだ5回!しか観に行ってないらしい。
あと2回!行く予定とのこと。
「前回は1公演17回行ったのよ。今回はチケットが取れなくて。」
ハイ。頭が下がります・・・

そのため観る前ランチの時に見所、裏話などを教えてくれて
観劇中はとなりで「ここよ!」と囁いてくれた。
なので内容もよく分かったし、すごく楽しめた。

春野寿美礼さん、素敵ですね~
歌も上手。
ファントムの悲哀、せつなさ、が伝わってきた。
やっぱりなんていうかオーラがあるんですね
クリスティーヌ役の桜乃彩音さんは線が細く、かわいらしい方でした。
なんでも抜擢されたそうで・・・
友人も初々しい感じかな、と言っていたけれどその通り!という感想。

子エリックの絶叫からエリックがせりあがってくるところと
エリックとパパの銀橋のシーンがグッときた。
回りの皆様からすすり泣きの声が・・・

また宝塚観に行きたいな。
1公演17回は無理だけど・・・

No.51 / 舞台 / Comment*0 // PageTop


2006.09.26  バリ島旅行記四日目⑬


今日中1の長女が学校の代休を利用し、東京ディズニーシーに行って来た。
今月4日からの新アトラクション「タワーオブテラー」に二回も乗ってきたとのこと。
それぞれ45分、1時間待ちだったらしい。
いいな、いいな~
ワタシも行きたい!

バリ島四日目。
ケチャを見終り、予定通り次の目的地クタへ。
バリに来てまだ何も買い物をしていない。
お土産も買わなきゃいけないし。

渋滞していた。
チャーターは6時間だったので9時半まで、
9時にはクタを出発しなくては、だったのにクタ到着はすでに8時半。
夕飯も食べなくちゃ、だし。
そこは優しいガイドさん、「10時クタ出発でいいよ!」と。
それでもあと一時間半。
急がなきゃ。

下ろしてもらったのはクタ・スクエア。
ここで少しお土産ものを購入、次の目的地行こうと思ったところ
まずはハーゲンダッツに吸い込まれた。
アイスは万国共通、おいしい
ナチュラ、バリ・ハルムで買い物。

もう時間ないじゃない
でも夕飯食べないで帰るわけいかないし・・・
仕方なくマックで
娘たちは大好きなナゲットを食べられてうれしかったかな。

駆け込みで待ち合わせ場所へ。
一路ザ・バンジャール。

今日も充実の一日でした。
明日は朝から「アユン川のラフティング」に行きます!



No.50 / 2006. 8 Bali / Comment*0 // PageTop


2006.09.24   バリ島旅行記四日目⑫


昨年は初バリ、ウブドへ行ってテルタサリのレゴンダンスを見た。
今年はどうしようかと悩んでいたところ
長女が以前テレビで見たらしく「ケチャが見たい」といい出した。
ケチャか・・・
それなら断崖絶壁の岬から見る夕日の美しさが有名なウルワツ寺院に行ってみる?
ということになった次第。

まずは駐車場に車を停める。
入り口で料金を支払い、腰帯をいただく。
そこから少し上ると
blog038.jpg
確かに絶壁、下に見える海が波で真っ白。
なかなか壮大な景色。
それから遊歩道を歩くのだけど猿の多いこと。
blog036.jpg
隣の人は眼鏡をあっという間にとられていた。
いたずら好きのようで・・・
ガイドさんは皆猿よけのため木の枝を持ち歩いていた。

いよいよケチャ。
入り口で料金を払うと日本語でストーリーをかかれた紙をもらえる。
6時に始まりの予定なのに次から次へと観客が来て
どんどん席を詰めるように言われ、なかなか始まらない。
早い時間に行っていたためか夕日が目の前に見えるナイスな席
15分くらい過ぎた頃かな、やっと始まった。
blog038JPG.jpg
そしてほどなく日が沈む・・・
blog037JPG.jpg
これは素晴らしい。
本当に素敵。
ダンスもすすんでいく。
blog043JPG.jpg
もともと踊りを見るのが大好き。
レゴンもケチャもすごくよかった。
そうそう、最後にはファイアーダンスがあった
子供達はそれが一番楽しかった様子。
ケチャ自体はもうちょっとスケールの大きいものがたくさんあるとのこと。
次回はそっちも見たいな。

No.49 / 2006. 8 Bali / Comment*0 // PageTop


2006.09.23   バリ島旅行記四日目⑪


朝食をたくさん頂いたのでそれほどお腹はすいてないけれど
出かける前に何か食べておいた方が、ということで
ルームサービスでピザを。
4人で二枚をシェアして。
ちょっと足りなかったかな

3時過ぎに到着との電話が。
昨日ザ・バンジャールまで送ってくれたガイドさん。
ウルワツに行く道が混んでなかったら
ひとつ観光名所に寄りましょう、とのこと。

車はスイスイと・・・
うとうとしかけたところに「ここですよ!」との声。
眠くて降りるのがちょっと面倒だな、と思ったけれど
仕方ないので車の外へ。
案内されて少し歩くと目の前に・・・
 blog034.jpg
すごい!
大きい!
思いがけず感激。
そして指差されるところを見ると・・・
         blog035.jpg
ここは「G.W.K」ゲーウェーカー・カルチュラル・パークというところらしい。
バリで大仏さまに会えるとは・・・
比較の対象がないのが残念だけどふたつともすごく大きい!
数年後上記二つが合体し、一つの像になる予定だそう。
そのミニ版がこちらblog039JPG.jpg
これはヒンドゥー教の神ガルーダ・ヴィシュヌをかたどった像そのこと。
入場料はかかったけれど(確かRp.15000)オススメ。
その巨大さに圧倒された。
旦那と二つの像が合体したら絶対また見に来よう、と話した。

さ、次はケチャだ!


No.48 / 2006. 8 Bali / Comment*0 // PageTop


2006.09.22   バリ島旅行記四日目⑩


バリ島にきて4回目の朝
ザ・バンジャールの朝食はスタッフがヴィラに来て作ってくれる。
メニューは確か・・・
ナシゴレン、ミーゴレン、サンドウィッチ、ブブールアヤム、コンチネンタル。
前日に朝食の時間、とメニューをリクエストしておく。

今日はナシゴレン。
ん?写真を撮ってきたつもりがない。
まだまだ修行が足りませんね

昨年に比べて朝食を作る手際がよくなったよう。
なんせウチの場合は4人分なのでそれぞれメニューが違うと
えらく時間がかかってしまう。
今年は30分ほどでちゃんと出来上がってました。
そうそう、フレッシュジュースはオレンジとウォーターメロン二種類。
これがもう少し増えてくれると言う事ないんだけど。

のんびり朝ごはんを食べられるっていいなぁ。
ダイビング旅行だと朝早いのでこうはいかない。
満腹!
腹ごなしにお散歩に行くことに。
ヴィラの回りは田んぼばかり。
空気いいなぁ。
blog.030.jpg
何もなさ過ぎてすぐ飽きてしまった娘たち。
ヴィラへ戻り、早速プール。
プールで遊ぶ娘たちを目の前に庭のベットで読書。
なぁんて優雅

チェックインのときウェルカムマッサージ(15分)のチケットをもらったので
それとともに「トラディショナルフェイシャル」60分の予約を10時半にお願いしておいた。
時間になったのでスパに向かう。

気持ちよかった!
施設はまだ新しく清潔で、ほかにお客様がいなかったので
すごく静かで何度眠りかけたことか
15分のサービスのウェルカムマッサージ、多分40分くらい
やってくれていたみたい。
フェーシャルとあわせ、2時間弱スパにいたので。
昨年はまだスパが出来ていなかったのでプラナ・スパまで行った。
やっぱり移動がないと便利

ウェルカムマッサージのチケットは娘たちもいただいた。
確認するとギフトかマニュキュアなども出来るそう。
長女は先日ペデュキュアだけでマニュキュアをしていたなかったのでしてもらうことに。
 blog.031.jpg
またまたプールサイドなので濡れてる・・・
無料でこんな風にお花を描いてもらえるなんて。
マニュキュアの塗りは一度で丁寧ではないけれど娘には充分。
どうせ帰ったら部活のため登校するので落とす運命にあるのですから。
ちなみに次女にもらったギフトはお花のキャンドルでした。

今日夜はウルワツ寺院のケチャと見に行く予定でチャーターした車が
3時半にお迎えにくることになっています

No.47 / 2006. 8 Bali / Comment*0 // PageTop


2006.09.18  バリ島旅行記三日目⑨


乾季のバリ、夕方になるとだんだん気温が下がる。
風邪ひかれちゃ困るし、無理矢理プールを上らせた。
そして夕食。

ザ・バンジャール周辺一帯は、ライスフィールドが広がっていて
街中までだいぶ距離がある。
でもスミニャックやクタまで無料送迎があるので大丈夫
ただ昨年は帰りの迎えを電話で頼むときに迎えに来てほしい場所などを
英語で説明しなくてはならなくてちょっと面倒だった。
今年は一部屋に一台の貸し出しが!
例の日本語ペラペラスタッフに直接繋がる。
これでもう怖い物無し。

に入って着替えて、送迎車「バンジャール号」に乗って出発。
オベロイ通りに行きたいレストランがあり、簡単な場所とアドレスを
控えていったのだけどなかなか見つからず。
バンジャールのスタッフも降りて聞いてくれたり一生懸命探してくれたけれどダメ・・・
申し訳なくなり、オベロイ通りで降ろしてもらい適当なお店に入ることに。
すでに日本食が恋しくなった旦那の一言で「海山」という和食屋へ。

中は結構混んでいた。
焼肉や鍋、刺身、寿司などがメニューに。
頼んで来たお寿司がこれ。
  blog.032.jpg
これが結構おいしかったんですよ~
このあとに食べた焼肉も!
頼んだサラダ(名前は忘れてしまったけど)はイマイチ。
お店の雰囲気は一階と二階で違う。
一階はスタイリッシュな感じ、二階は暗めで掘りごたつみたいなところで落ち着けた。

疲れきっている子供達、半分寝てるぅ。
急いでお店から「バンジャール号」に電話。
迎えに来てもらいました。

飲み足りないワタシはバンジャールの冷蔵庫からワインを取り出し、
お気に入りのCDをかけながら一杯
癒される!
ライトアップされたヴィラも素敵。

 blog030.jpg

                 blog002.jpg

明日昼間はヴィラでのんびり予定。

No.46 / 2006. 8 Bali / Comment*2 // PageTop


2006.09.13  バリ島旅行記三日目⑧


Bali Hotel Bookの車にてクロボガンにあるヴィラ「ザ・バンジャール」へ。

昨年ここへ泊まり、家族揃ってとっても気に入り、
今年もここ!とバリ行きを決定づけた場所。
まだ新しく綺麗なヴィラ、2ベッドルームの敷地・プールの広さ、
スタッフの一生懸命さ、などなどすべてが素敵
再びやって来ました。

通されたのは昨年と違ったNo.8のヴィラ。
ウェルカムドリンクを頂きながらチェックイン。
そこへ昨年顔見知りになったスタッフが登場。
手にはが・・・
blog05.jpg わぁ、うれしい♪
「子供さんたち大きくなりましたね」などと世間話を。
ザ・バンジャールには日本語ペラペラのジェネラルマネージャがいる。
昨年はお会い出来なかったのでここで紹介していただいた。

そこでちょっと気になっていたことを。
昨年宿泊したヴィラNo.7に比べ
今年通されたNo.8は同じ2BRなのに芝生の部分が狭く、
日当たりが悪いのか暗い感じがした。
ここで我慢しても、と思い部屋の変更をお願いした。
No.7の部屋は壁が一部はがれているところがあって未修理だけど
よろしいですか?とのこと。
「ノープロブレム♪」で部屋の移動。

ん~やっぱりこっちの方がいい、いい。
blog010.jpg               blog031.jpg

blog032.jpg               blog042.jpg

そしてもう5時過ぎだというのに娘達は早速泳ぐ・・・
寒くないのぉ?


No.45 / 2006. 8 Bali / Comment*4 // PageTop


2006.09.12  USJ 予約完了♪


バリ島旅行記はちょっとお休み。

昨年のお正月はマイルを使ってサイパンに。
今年もどこかに行きたいなぁ。
が、お正月はどこへ行くのも高い!
無理、無理。

それでは、ということで冬休みを使って以前から
と~っても行きたかったUSJへ。

まずは大阪へ行くのに

ツアー?別手配?
とにかく安値を!

飛行機のツアーが安い。
日程は冬休み入ってすぐ!
12月21日出発一泊二日。(22日になると高くなっちゃう)
ホテル京阪ユニバーサル・シティ 20階指定
お好み焼き&たこ焼き付き(パス無し)
一部屋3名  19,200円
安くない?
これに決定。

予約した後、姉が一緒に行きたい、と。
旅行会社に飛行機とあと一部屋とれるか確認するとOKとのこと。
メンバーは娘たちと姉の4人。
4人で二部屋になると旅行代金が一人2,000円以上上ってしまう。
それは姉に昼食をご馳走してもらうことで一件落着(笑)
あと現地では大阪の友人が合流予定。

USJは初めて。
今からとても楽しみ。
いろいろ情報収集しなくちゃ。




No.44 / おでかけ / Comment*0 // PageTop


2006.09.11   バリ島旅行記三日目⑦


PCの調子が悪く、10日ぶりの更新になってしまいました。
バリ島3日目。
今日はとりたてて予定はないのでゆっくり寝ててもよかったのに
昨日早寝したためか6時頃目が覚めてしまった。

7時半頃朝食に向かう。
時間によるのか昨日よりは少し混んでた。
昨日はお迎えの時間もあり、ゆっくり食べれなかったので
今日はフルーツまでしっかり。

その後はプール。
どうして子供ってこんなにもプールが好きなんでしょ。
誰もプールには入っていず、二人占め。
グリヤ・サントリアンのチェックアウトは12時。
11時には部屋に戻り、シャワーを浴び、パッキング。

チェックアウト後荷物をホテルに預け、
一昨日予約をしておいた「パナシェ」へ向かう。
旦那と次女は「ハーディーズ」で買い物をしているとのこと。

パナシェにてクリームバスとマニュキュア、
長女はクリームバスとペデュキュア。
裏の小部屋に案内され、上着だけ着替え。
クリームバス、気持ちよかったぁ。
昨年は出来なかったので初めての体験。
ちょうどいい具合のマッサージ。
マニュキュアは甘皮の処理までちゃんとしてくれた。
お花を描いてもらったのだけどそちらはゆがんでいたり、
関係ないところに色がとんでいたりとちょっと・・・
写真は撮り忘れてしまったのだけど清潔で美容院って感じ。
二人で確か4000円くらいだったような。
安い!

時間はすでに一時半。
あせって旦那に電話。
グリヤ・サントリアンのプールサイドのカフェでお茶してるよ~とのこと。
合流後サヌールのビーチをちょっとお散歩。
抜けるような青空でいい感じ。
blog02.jpg
blog03.jpg
さてさてそろそろランチを
グリヤ・サントリアンからビーチ沿いの小径をタンジュン・サリ方面に歩くこと7、8分、
ワルンカミサマへ。
こちらはメニューが豊富。
blog01.jpg
ミーゴレンやナシゴレン、ハンバーガーなどを頼んでシェアして食べた。
すべて美味しかった

ビーチを散歩しているとグリヤ・サントリアンのすぐ横の小屋から
「マッサージ?マニュキュア?」のお誘いが。
次女がどうしてもやりたい様子。
初めはすごく高い値段をふっかけられた。
いくらかは忘れてしまったけどとにかく驚いちゃうくらいの値段だった。
マニュキュアとペデュキュアで言い値の半額以下にしてもらった。
あとで聞いたらそれでもまだ高かったみたい。
でもネイルのお花は「パナシェ」よりも上手。
次女は大満足。
次の日プールサイドで撮ったので濡れているけどこんな感じ。
blog.020.jpg

さぁ、バンジャールへ移動だ

No.43 / 2006. 8 Bali / Comment*2 // PageTop


2006.09.02  バリ島旅行記二日目⑥


ダイビングから帰ってきてもまだ時間は4時過ぎ。
そのまま部屋へ上らせてくれるはずもなく、
子供たちはそのままホテルのプールへ

グリヤ・サントリアンのプールは二つ。
デラックス棟の前
blog20.jpg
お花がすごくリゾートチック。
写真にはないけれどジャグジーも。

ビーチ沿い、海の見えるプール
blog15.jpg
こちらが子供たちのお気に入り。

そうそう、チェックインのときにもらった
「ウェルカムドリンクチケット」を使わなきゃ。
とのことでこのプールバーにてドリンクを。
blog19.jpg
ストロベリー味だったような・・・
もちろんノンアルコール。
6時頃になってやっと満足した娘たち。
部屋に戻り、シャワー、着替えを。

朝から一日遊び通し、さすがに疲れた・・・
それでも「Stiff Chilli」に行きたかったので
フロントにてタクシーを呼んでもらい直行。
オン・ザ・ビーチのロケーションが良い、って
雑誌には書いてあったけど今は夜・・・
真っ暗で海見えない!
でもライトアップがとても綺麗でホッ。
お客さんは他に一組。
すいてました。

ピザ・マルガリータ(Rp20,000)、
パスタ・ペスカトーレ(Rp27,500)などなどたくさん。
赤ワインを一本頼んで、もちろんデザートにアイスクリームを。
満腹、満腹。
お店の人にまたタクシーをお願いしてホテルまで帰った。

酔っていたせいもあり、いつの間にかおやすみタイム。。。

No.42 / 2006. 8 Bali / Comment*0 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。