FC2ブログ



明日どこへ行こう・・・
大好きな旅行、映画、舞台などきままに綴って行きます♪





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.26  カリフォルニア ディズニーランドリゾート50周年の旅その13 4日目③


早いもので明日帰国。
今日はお土産を買わなくちゃ!

初日から何度も足を運んでいたダウンタウン・ディズニーの
ワールド・オブ・ディズニー。
割引チケットももらっていたし、ここでまとめ買い
お土産にはクッキーやノート、水につけると戻るタオルなどなど。
あ、こんなのも。
DSC07202.jpg


ディズニー系のぬいぐるみ集めを趣味としている長女は・・・
DSC07187.jpg


二女は友達とどうしても集めたい!とペニープレスを。
DSC07197.jpg


もっと集められたのに、ちょっとケチってしまった
DSC07198.jpg

次回はいつ来られるか分からないのにね。
反省。

たくさんの買い物を手にお店を出たのがすでに8時。
一箇所くらいショッピングモールへ行こう!という話になり、
ディズニーランド・ホテルにてタクシーを待ち、
「ザ・ブロック・アット・オレンジ」へ。
ガイド「地球の歩き方 リゾート ロスアンジェルス」には
車で5分、となっていたけど10分以上かかったなぁ。
プールで遊び過ぎた娘達はうとうとしてたし。

この日は月曜日、ガイドによると9時半までしか開いていない。
急ぎ、「Hilo Hattie」でハワイアン雑貨を見たり、
「オールドネービー」で子供服を買ったり。

その後名前は忘れてしまったけどイタリアンのお店でパスタを食べた。

食べ終わると時間はすでに10時過ぎ。
タクシーにてホテルに帰り、
荷物のパッキングをしながら、旅の思い出を語り、
寝たのは2時過ぎだったかな。

いよいよ明日は帰る日。
早かったな~


2006.07.21  カリフォルニア ディズニーランドリゾート50周年の旅その12 4日目②


朝食をゆ~っくり頂いたらすでにお昼近い・・・
今日は娘達が楽しみにしていたプール

ディズニー直営ホテルに宿泊すると他の直営ホテルの施設が
使用出来るとのこと。
そうしたらプールと言ったら「ディズニーランド・ホテル」の
プールでしょ~
ネバーランドをテーマに難破船が漂着した海をイメージしたプールなど
3つのプールが。
それに大好きなウォータースライダーも。
入り口はホテルのキーカードを差し込むと開くようになっている。
DRL15.jpg


でもこの季節まだちょっと寒い・・・
水も思ったほどは温かくなく。
それでも娘達は入りっぱなし。
母たちは水着にも着替えず、プールサイドで喋りっぱなし。
DLR19.jpg


あげくにその後宿泊している「パラダイス・ピア・ホテル」のプールにも。
こちらは大きいプールがひとつ。
それにジャグジーがあって、ウォータースライダーも。
こちらも満喫。
すでに時刻は5時。
寒いよぉ。
買い物の予定もあるんだから早く上ろうよ!と
何度も言い聞かせやっと終了。

まずは部屋へ戻り、お出かけ準備。


2006.07.20  カリフォルニア ディズニーランドリゾート50周年の旅その11 4日目①


久しぶりのディズニーランドリゾート・・・

明日は帰る日なので今日が遊べる最終日。
それでも昨日遅くまで遊んだために朝起きられない。
8時過ぎやっと起きだした。

今日はキャラブレも最後の日。
目指すは宿泊ホテル「パラダイス・ビア」の
「ディズニーPCHグリル」。
予約をしていなかったものの15分程度で中へ。
飲み物はオーダーするとテーブルへ運んでくれる。
ビュッフェの内容もなかなか。
まずはプルートとミーティング。
その後リロ、ステッチ、最愛のミニー
DLR.20JPG.jpg

ゆっくり、じっくり写真撮影、サイン帳記入などなど応じてくれる。
かわいい!
3日間で一番ゆっくりグリーティング出来た。
ブレックファーストの終り時間に近かったのでお客様が少なかったからかな。




2006.07.10  宝塚「ベルサイユのはら」全国ツアー雪組公演


宝塚は二度目。
子供のころには何度か行ったけれど。
「ベルサイユのばら」はもちろん初めて。

友人に大ファンがいて話をしていたら観に行きたくなって。
12歳長女にも一度見せてあげたいと思った。
娘は「ベルばらかエリザベートなら行きたい」と贅沢なことを。
調べたところこの全国ツアーに行き当たった。

やっぱり華やかで素敵な世界ですね~
それでも全国ツアーとのことで人数も少なく、
舞台なども大劇場に比べると寂しいそうな。
でも初心者には全然。
舞台や衣装の華やかさに宝塚初体験の娘の目はくぎづけ。

オスカル役の水夏希さんとても優しい雰囲気。
この役柄で女性としての感情もちゃんと伝わってきました。
アンドレ役の荘一帆さん凛々しくて素敵だったな。

最後のラインダイス!すごくよかった!
これぞ宝塚、って感じで。
ダンスを長い間習っていた娘はこれが一番楽しかったそう。

それから水夏希さんと舞風りらさんの真っ赤な衣装のボレロ
すごく色っぽくて素晴らしかった。

宝塚華やかで現実離れしていてどんどん引き込まれる。
またたまには観に行きたいな~

No.28 / 舞台 / Comment*0 // PageTop


2006.07.09  映画「日本沈没」七夕親子試写会 


きゃ~
今日試写会でサプライズ!

大切な人と観る七夕親子試写会、というのに二女と二人で。
試写会なんて何年ぶりだろ。
始まる前に「今日映画終了後舞台挨拶があります」だって。

そしたら、そしたら舞台挨拶、草なぎくん、柴咲コウさん、
福田麻由子ちゃん、樋口真嗣監督。
すご~い、豪華、豪華

挨拶と七夕イベントとして何人かの子供さんの願いことなどを聞いたりして。
明日草なぎくんのお誕生日とのことでバースディーケーキが出て
みんなでハッピーバースディーを歌ったり。
カメラの方たちも相当数いましたよん。
スポーツ新聞?
ワイドショー?

会場は「スペース汐留FSビル」というところで
こじんまりとしたところ。
なのですごくアットホームな感じでのイベントでした。
何より試写会で一足早く映画を観ることが出来て
あげくにサプライスで舞台挨拶なんてすごーくラッキー

肝心の映画。
実は昨日ネットでストーリーなどを確認していたら
やたら評判悪かったんですよね。
全然面白くないって。

そう思ってみたせいか、そんなに悪くはなったです。
始まりのシーンはとても迫力があってよかった。
CGもよかったと思うけどその分人物描写がもうちょっとだった気が。
草なぎくんと柴咲コウさんがなんか合わないような個人的意見です・・・

ホントにこんな日本が沈没する日が来たら怖いですね~


No.27 / 映画 / Comment*0 // PageTop


2006.07.07  本「殺人の門」東野圭吾著


ん~暗い本だなぁ。
不幸のオンパレードで・・・
「白夜行」に似た感じ。

ここまでとことん騙される?
人よ過ぎない?
この主人公の田島和幸、ある意味自分が招いた
不幸の部分もあるのにいつも人のせいにして。

不幸の手紙に始まり、宝石のネズミ講、金のセールス、
結婚詐欺など次から次で寝る間を惜しんで読み進んだ。
暗くはあるけれど小説としては面白い。

東野圭吾さんがお好きな方にはたまらない一作だと思います。
殺人の門殺人の門
東野 圭吾 (2006/06)
角川書店

この商品の詳細を見る

No.26 / / Comment*0 // PageTop


2006.07.05  NHKスタジオパークに行ってきました!


小学3年の二女の学校が休みだったため
友達を誘い合わせ総勢16名で。

久々の渋谷。
でも平日のせいか楽々。混んでなかった。
10時過ぎに待ち合わせだったし。
駅から直通パスもでていたけれど、ぞろぞろ歩くことに。
お喋りしながらだったのであっという間。
でも15分くらいは歩いたかな。

入館料大人200円、なんと中学生までは無料
見学の案内の順番に従って進んでいく。
エスカレーターで下に降りて・・・

楽しかったのはアフレコスタジオ。
映像に併せてアフレコに挑戦。
「忍たま乱太郎」「名探偵ポワロ」「おしん」などなど。
なかなか子供達上手じゃないの?
ママたちは「おしん」に挑戦。
「父っぁ~ん!」などと叫んでおりました。

次はアナウンサー体験。
ニュースを読んでいる姿が映像に。
楽し~
年齢別にニュース原稿があるらしく、小さい子でも大丈夫。

大河ドラマ「功名が辻」の衣装を着て記念撮影。
寅さんスタジオで昔を懐かしみ、
自動販売機コーナーで喉の潤しタイム。

残念ながら番組収録の予定はなし。
その後またエスカレーターで上にあがると
1時5分から始まる「スタジオパークからこんにちは」観覧の抽選の列が。
聞くと一時間近くスタジオ内に缶詰になるため
静かに出来ないお子様の観覧はちょっと、と言われてしまった。
なので番組の初め、ゲストが通る花道でテレビに映ることに!

そのためそのままレストランに向かい、昼食を。
「チャングム・コムタンセット」1100円も心魅かれるものがあったけど
「純情きらり」の舞台愛知県名物料理である「エビフライセット」980円にしました。
お味はそれなり・・・

急いで食べ12時40分頃花道に。
すごくいい場所で子供達のアップがテレビに映ることが出来ました。

次に観た「飛び出すハイビジョンシアター」楽しかったですよ?
子供達は二回みたようです。

というのも次は子供達の自由行動。
母たちはカフェでお茶タイム。

これでほぼ一周回ることが出来ました。
10時半頃に入ってスタジオパークを出発したのが2時半。
平日だったため空いていてアフレコ体験なども
娘は三回もやったらしい。
アナウンサー体験も二回。
これが休みだったらこうは行かないでしょう・・・
満喫しました。

その後スペイン坂のゲーセンでプリクラを取り(母たち7人も!)
帰路につきました。
0704.jpg


No.25 / おでかけ / Comment*0 // PageTop


2006.07.03  キリン横浜ビアビレッジ 工場見学行ってきました!


京浜急行生麦駅より徒歩8分と書いてある。
実際は10分ちょっと。

キリン横浜ビアビレッジ
見学には予約が必要。
今回は次女の友だち14名で予約。

予約時間より少し前に着いたため待たされた。
胸にシールを貼らされ、やっと出発。
手渡されたパンフの中に「ビール券、おかわり券」が。
これを楽しみにツアーに出発。
06-07-01_15-511.jpg


仕込み、発酵、貯蔵、充填などを順番に見ていく。
途中麦汁をいただいたがまずかったぁ。
アルコール分なし、とのことで娘や娘の友だちも飲んだが一口でギブアップ。

見学中アルコール臭いらしく娘たちはハンカチで鼻を覆っていた。
もちろん私にはいい香り。

機械によって瓶や樽にビールが詰められる様子は壮観だった。
施設もあたらしいのか綺麗でリサイクルへの取り組みなど
興味深いものもあり、なかなか楽しかった。

ま?何と言っても楽しかったのは最後のビールの試飲かなぁ
一番搾り、ラガー、淡麗などが。
好きなビールをグラス一杯いただける。(おつまみ付き!)
子供達はお茶かジュース。
大人も子供もおかわり券がつくのでさらに一杯。
飲めない方はおかわり券でおつまみもおかわりできる。

ツアーが始まって試飲が終わるまで(この時間までにテーブルを
開けて下さいといわれるまで)一時間。
試飲出来るそばにはお土産コーナーも。
欲しい!と思えるものはありませんでした

実はお酒好きなくせにビールあまり好きじゃない。
普段は日本酒か、焼酎。
でもここでの一杯はおいしかったですよ。
もし機会があれば一度いかが?
DSC07136.jpg


No.24 / おでかけ / Comment*2 // PageTop


RSSフィード

プロフィール

mamitti

Author:mamitti
旅行とダイビングとフラメンコと本と映画と・・・
とにかく遊ぶことが大好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。